スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口紅落ちない メイク方法

落ちない口紅の塗り方は、まずは唇全体をリップライナーで塗りつぶします。


その上から口紅を全体に塗り重ねます。


最後に唇のフチを3、4ミリ残して中央部分にグロスを塗ります。


グロスを塗ることで唇の乾燥を防ぐこともできます。


一見、つけ過ぎのように感じるかもしれませんが、
落ちる心配の少ないリップライナーがしっかりと最後までついていてくれますので、
食事も安心して食べれます。


また、口紅を1度塗った後にティッシュで軽く押さえて、
その上からパウダーを少量つけて再度口紅を2度塗りする、
という方法もあります。


パウダーはブラシなどでつけると簡単ですが、
ブラシに口紅が付いてしまったりするので、
ティッシュやコットンを使うと便利です。


口紅は直接塗るよりもリップブラシを使ったほうが口紅を
しっかりとなじませることができます。


リップブラシは丸い筆よりも平たい筆のほうが、
適度に太く塗ることができて便利です。

チーク メイク方法

チーク


頬のラインが上がり顔全体が逆三角形に映る、
パーツが顔の中心に集まっている、のが若々しい印象の顔です。



逆に、老けた印象の顔は、
輪郭が下がってパーツも下に移動していて三角形に見えます。



若々しい印象を作るためには、
チークを入れる場所と入れ方が重要です。



耳のつけ根と小鼻を結んだ線より下には入れないようにしましょう。



鏡に向かってニコっと微笑んだ時にふっくらと盛り上がった部分が
チークを入れる場所です。



ブラシにチークをつけて余分な粉を手の甲につけてはらってから、
山を描くように入れて、最後に指の先で上の方向に向かって軽くぼかします。



チークは頬にボテっと付いてしまうのは、
ブラシにチークをつけてそのまま頬にのせてしまうからで、
1度毛先をひと吹きして余分な粉をはらうとナチュラルな仕上がりになります。



また、使用するブラシはチークを買った時についてくる付属のものよりも、
毛の量がたっぷりと柔らかい毛質のチーク専用のブラシを用意しましょう。


自然な仕上がりにしてくれるクリームタイプのチークもおすすめ!


ファンデーションを塗った後にクリームチークを頬にのせて、
その後にフェイスパウダーをつけるとナチュラルに仕上がります。

アイライナー メイク方法

まつ毛の生え際を埋めるつもりで描いていきます。


アイライナーを描く時は、目を伏せがちにして、
反対側の手で目尻を持ち上げて描きます。


目尻部分を描く時は視線を目頭のほうに移し、
目頭部分を描く時は視線を目尻のほうに向けながら描くようにします。


太く描きすぎてしまった時は、綿棒でぼかして仕上げるとナチュラルな感じに仕上がります。


アイラインを描く時は、目頭部分は薄く細く、
目尻は濃いめに引きます。


目尻から3分の1くらいのところをいちばん濃く太めに描くようにすることがコツです。


あまり太く描かないように気をつけて、失敗しても綿棒でぼかして仕上げると
ナチュラルな感じに仕上がりますので心配はありません。


アイラインはペンシルよりもリキッドアイライナーのほうが深みがある目元を作ることが出来ます。


リキッドアイライナーが苦手な方は、
深い色のアイシャドウを少量の水で溶いてコシがある細い筆で加えると、
目元にフィットしてきれいに発色します。



アイシャドウの塗り方 メイク方法

まずは淡い色をまぶた全体にのせます。





その次に目のキワに向かって濃い色を重ねていきます。





いきなり濃い色をつけてしまうと、
失敗した時に明るい色でフォローすることが出来ないからです。





淡い色からスタートすれば、途中の修正が楽になります。





濃い色は、目のキワに向かって2ミリ間隔で塗り重ねていきます。





眉毛に近いほど淡い色、目のキワ、

目頭に近いほど濃い色、と覚えておくと良いですね。





目元がくすみがちな方はファンデーションを塗った後に

まぶたのくぼみに白いファンデーションか下地を塗って、

その上からアイシャドウをつけると淡い色も映えてきれいに仕上がります。





また、アイシャドウを塗る時にチップとブラシをうまく使い分けると良いです。





アイシャドウをはっきりと目立つような仕上がりには落ちにくいチップ、

まぶたの上のまつ毛のキワ部分や目尻など細かい部分を塗る時に使います。





淡くのせる程度ならブラシ、まぶた全体に大きく塗る時には

丸くて平たい形のブラシを使うときれいに仕上がります。



眉毛 メイク方法

眉毛にはグレーでメリハリをつけます。


グレーで眉毛全体の形を作って、
内側の抜けている部分を茶色で埋めてあげれば、キリっと立体感が出ます。


髪、眉毛、マスカラ全部が茶色だと全体がボンヤリとして、
どこか印象が薄くなってしまいます。


眉毛を書く時に毛が下に向いてしまう場合は、
マスカラでそっと上に持ち上げてみて下さい。


適度に粘着してうまく毛並みを揃えてくれて、
眉毛が下がるのを防いでくれます。


マスカラをつけることによって眉毛にハリ、
ツヤを与えてくれてしっかりと形を整えることが可能です。


薄くて毛に弾力がない方はマスカラをそのまま使用するとダマになってしまうことがありますので、
マスカラをアイブロウブラシにつけてから眉毛につけるようにしましょう。


また、アイブロウペンシルは適度な硬さがあるほうが細く描きやすいです。


画材用の鉛筆を眉毛用のペンシルとして使うのもおすすめ!


その場合、6Bか7Bくらいが使いやすいと思います。
プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。