スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け止めの種類

日焼け止めには、「紫外線拡散」、

「紫外線吸収」が入っているものには2種類あります。




拡散剤が使用されている日焼け止めは、

肌に当たった紫外線を跳ね返す働きがあります。




吸収剤が使用されている日焼け止めは、

紫外線を1度肌の上で受け止めて肌の中に入れないという働きがあります。




SPF40~50くらいのSPF数値が高い日焼け止めには吸収剤入りのものが多く、

光を肌で受け止めることで肌に負担がかかり、赤くなってかぶれたり肌荒れをしてしまうことが多いのです。




拡散剤も吸収剤も、日焼けをしないように紫外線対策をしてくれる役目を果たすことに間違いはありませんが、

一般的には拡散剤入りの日焼け止めるのほうが肌に優しいといわれています。




最近は吸収剤も改良してきて、肌に負担をかけないようにカプセル状になって

入っているものも多くはなってきているようです。




肌が弱い方は、なるべく拡散剤入りの日焼け止めを使用することをおすすめします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。