スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リキッドファンデーションはどうなの?

パウダーファンデーションとリキッドファンデーションは、水分、油分が含まれている量が違います。





どのタイプのファンデーションを使うか迷った時は、

メイクの仕上がりだけでなく肌のタイプに合わせて賢く選択しましょう。





個人差はありますが、肌の水分が奪われやすくなる20代後半になったらパウダーファンデーションからリキッドファンデーションに切り替えたほうが良いでしょう。





大人の肌にはリキッドファンデーションが最適といえます。





パウダーファンデーションは時間が経つと崩れやすくなり、

その上からさらに何度も重ね塗りすると厚塗りになるだけでなく、

顔色もくすんで見えたり毛穴を目立たせてしまうことになります。





リキッドファンデーションは水分、油分のバランスが取れていて、

肌が乾燥することを防ぎ、化粧崩れもしにくい!





オイリー肌の方はリキッドファンデーションを嫌う方が多いようですが、

パウダーファンデーションは皮脂や汗でも崩れます。





オイリー肌の方もリキッドファンデーションを肌にしっかりと定着させれば、

崩れにくく肌に優しいものです。




リキッドファンデーションの使い方


ファンデーションはオークル系、ピンク系を2色用意しましょう。





体が冷えて顔色が悪い時にはピンク系のファンデーションを多めにしたり、顔色が良い時にはオークル系を多めにしたりと、その日の肌の状態によって調整することができます。





寝不足やストレス、熱がある時など、顔色は微妙に変化しています。





ファンデーションを2色そろえておくと、その時によって血色の良い健康な肌に見せることが出来るのでとても便利です。





ピンク系とオークル系の配合することによって、顔色が悪い時には2対1の割合でピンク系のファンデーションを多めに使います。





顔にほてりや赤みがある時にはオークル系の量を多くして赤みを抑えます。





こうすれば、コンシーラーやコントロールカラーを使わなくても自分で調節して自然な肌色に仕上がります。





2色のファンデーションをその日によってブレンドして、「その日の自分だけ」のファンデーションを作ってみましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。