スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保湿ケアに必要なこと!

乾燥した肌に保湿化粧水などで水分補給をしてあげることが一番の保湿ケア!

とあなたは思っていませんか?


これは勘違いです。



保湿とは読んで字のごとく「水分を保つ」ことが目的です。


つまり肌の内部にある水分を保つことが本来の保湿の目的であり、水分補給をすることが目的というわけではありません。

健康なお肌の角層には約20?30%の水分が含まれていますが、それが20%以下になると乾燥肌ということになります。

加齢とともに低下した保湿機能を補って、水分が蒸発しないようにするのが正しい保湿ケアなのです。

体内の水分を蒸発させないようにキープすることが正しい保湿であると認識して保湿ケアに取り組みましょう。



お肌が潤っている状態とは、保湿機能が正しく働いている状態ということになります。

お肌が自ら保湿物質を作り出し、角層内に水分を維持しておける状態のことです。

保湿物質が充分であれば、外部の乾燥した状態の中でも潤い肌をキープすることができます。



お肌の潤いをキープするのに大切な保湿物質


角層に溜まっている水分を守る保湿物質には「皮脂」「天然保湿因子」「角層細胞間脂質」の3つがあります。

これらの保湿物質が混じりあって、お肌の潤いをキープしているのです。

その中でも80%以上が角質細胞間脂質という成分で成り立っており、重要な保湿成分とされています。

角質細胞間脂質の成分では【セラミド】が注目されています。

セラミドは水と結合して湿度0%でも蒸発しないという特徴があり、あらゆる環境にも対応する保湿の注目成分なのです。

このセラミドをたっぷりと含んだ肌は、潤いがキープされているお肌であるということになります。



保湿成分セラミド


セラミドはお肌の水分を保持する特徴がありますが、残念ながら加齢に伴いどんどん減っていきます。

セラミドは肌の新陳代謝のサイクルの中で作られていく成分なので、代謝が衰えてくると必然的にセラミドの生成も減っ

てきます。

加齢で減ったセラミドを体内から作り出すことは困難で、じかにセラミド成分を飲んでも増やすことはできません。

そこで簡単にセラミドを補給できるように開発されたのが、セラミド配合のスキンケア化粧品です。

これを使えば加齢で減少したセラミドを補給することができるようになります。



代表的な保湿成分

保湿成分にはセラミド以外にもいろいろな成分があります。

【セラミド】
細胞間脂質の約40%を占める最強の保湿物質。湿度が下がっても水分をキープ。

【スフィンゴ脂質】
保湿力はセラミドより弱いが、大切な細胞間脂質の一つ。

【水素添加大豆レシチン】
大豆から抽出される成分。

【ヒアルロン酸】
真皮にあるゼリー状の成分。200?600倍の水分を蓄える。

【コラーゲン】
真皮では弾力を保つのに働いているが、スキンケア化粧品としては保湿成分となる。
真皮までは吸収されない。

【エラスチン】
真皮の繊維成分で、保湿力があるので化粧品に配合されている。

【天然保湿因子(NMF)】
アミノ酸・尿素・PCAなど。

これらの保湿成分がスキンケア基礎化粧品によく使われています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。