スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾燥肌でしてはいけない事

乾燥肌で痒くてもかかない

肌が乾燥すると、なぜか痒くなったりしませんか?
それでついかいてしまう・・・


そうすると、さらに痒くなって、
またかいてしまって、湿疹が出たり血が出たり、
悪循環になってしまいます。


乾燥するとかゆくなるのは、
角質層の表面は亀裂が入って毛羽だち、
内部は水分が減ってスカスカの状態になってしまって、
外からほこりや汚れ、細菌が侵入しやすくなっているからなんです。


そのため、ほこり、毛玉などちょっとした異物がその隙間に入り込み、
それが刺激となって、とても痒くなってしまいます。



ですから、なるべくかいたりしないようにして、
保湿するよう心がけてください。


・正しい洗顔法


乾燥肌になる原因の一つに、洗顔法が間違ってるということがあります。
汚れをきっちり落としたいからと言って、
ナイロンタオルやブラシなどの、科学繊維のグッズを使ってゴシゴシ洗顔し、
熱めのお湯で洗い流したりはしていませんか?


それはかなり皮膚に負担をかけるばかりか、
必要な皮脂まで洗い落としてしまう原因になるのです。


皮膚の表面を覆ってる皮脂は、皮膚を保護するためのもので、必要なものです。


皮脂がなくなると、外気の刺激や乾燥の影響を受けやすくなります。


なので、洗顔はコットンなどの自然なグッズや手を使い、
泡を使って強く擦らないようにマッサージし、
ぬるま湯で洗い流すように心がけてください。



・正しい入浴法

乾燥肌の方のお肌の質を上げるのにも、血行促進は必要です。
それには入浴するのもよい方法だと考えられます。


ですが、あまり熱いお湯に入ってしまいますと、
入浴後に急激な痒みに襲われてしまいます。


なぜかというと、熱いお湯に入ってしまいますと、急激に血行が促進されてしまって、
その血行の流れにつられて、周りの筋肉や皮膚が急に動いてしまうからなのです。


入浴後皮膚がムズムズと痒くなってしまうのは、そのせいなのです。


ですから、お風呂の温度は40度前後位にしてゆっくり浸かるのが、
よいかと考えられます。


それと、肌質に合った入浴剤をお風呂に入れるのもいいでしょう。


入浴中は体が温まるので、毛穴が開いた状態ですから、
入浴剤の効果も高くなります。


それから、湯上りに保湿クリームや乳液をつけるのも効果的でしょう。


次回も引き続き乾燥肌でしてはいけないこと、
した方が良いことをお話していきます( ^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。