スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美肌効果のある食べ物

■肌と髪の美容にワカメ

ワカメには腸の働きを活発にするミネラルが多く、腸の老廃物を取り除くとともに、血液をきれいにします。また毛髪をよくする成分もあり、肌や毛髪をきれいにします。





■肌をきれいにするレバー

レバーに含まれているビタミンAは、皮膚や粘膜のビタミンとも言われています。これは、粘液の代謝を円滑にする働きがあるビタミンのひとつで、ビタミンB2、ニコチ酸も皮膚と粘膜のビタミンです。
いずれもレバーには含まれているので、体の内外を強くし、肌をきれいにしてくれます。





■髪の毛や肌を綺麗にするひじき

ひじきには、腸の働きを活発にするミネラルが多いので、老廃物の排泄を促進させます。このため血液がきれいに保持され、健全な生理作用が行われます。
また、ひじきに含まれているヨードの働きで、髪の毛や肌をきれいにし、美容効果があります。




■シワ、肌あれを防ぐきゅうり

きゅうりは昔からヘチマなどとともにきゅうりの汁も化粧水に使われてきました。皮膚の水分を補って、シワ、肌あれなどを防ぐ効果があり、肌をなめらかにします。




■美肌にオリーブ

オリーブ油の中で一番高価といわれるのが、バージンオイルと呼ばれる、実から一番先にとった油です。肌あれにはこのオリーブのパックがよく効きます。
洗顔した後、オリーブ油でマッサージし、蒸したタオルでつつみますと、すべすべになります。 入浴した後、全身にぬってマッサージしても効果があり、新陳代謝が促進されますので、筋肉の疲労がとり除かれ、皮フもつやが出てきます。
さらに毛髪の組織も形成するので、髪につやがなくばさつく人は、オイルシャンプ-を使用するか、すすぎの時に油を数滴おとすと効果があります。





■美肌に効く椎茸(しいたけ)

椎茸(しいたけ)に含まれているビタミンB群の効果が美肌、貧血に効きます。ビタミンB1は整腸を促して便秘を治し、血液循環をよくして肌をきれいにします。
また、ナイアシンという成分が肌荒れを防ぎ、かぶれやすい体質の人にもよく効きます。ビタミンB12は増血作用に不可欠なビタミンなので貧血を防ぎ、肝臓をも強くする作用があります。




■美肌に 梨(なし)
梨(なし)の生食を続けると、肌荒れ防止に良いとされています。





■肌の美容にウニ
ウニはビタミンAを豊富に含んでいるため、皮膚の新陳代謝を活発にするので、うるおいのある肌を保ちます。ウニは、身体の内部から肌をすみやかに健康にすることができるのです。





■美肌をつくる納豆

納豆には、皮膚を美しく保つための、植物性のタンパク質と脂肪、ビタミン、ミネラルなどがバランス良くそろっています。ビタミンB2は、美容ビタミンと言われ、皮膚の色やつやを良くし、肌あれをなおします。





■美肌によいトマト

トマトを食べると、皮膚に適度の水分を与え、うるおいを保ちます。これはクエン酸やリンゴ酸がビタミンAやCとともに作用し、皮膚の新陳代謝を促し、皮膚をいきいきとさせるからです。
また食べる以外にも、トマトの汁で洗顔すると美容によいといわれ、ビタミンB6は、皮膚病を良くし、糖尿病の治療にも良いとされています。





■美肌に効果のあるアボガド

アボガドのタンパク質の中には、メチオニン、トリプトファンなど成長期に欠かせない必須アミノ酸を含んでおり、ビタミンB2、B6は、代謝を良くし、健康維持には欠かせない成分です。
また、ビタミンEが、体内の老化、皮膚の老化によるしみ、しわなども防ぎます。脂肪が豊富といっても、コルステロールのない不飽和脂肪酸なのでふとる心配もありません。
朝食に、アボガドを半分食べただけで、さまざまな栄養がとれ、肌もきれいになるということなので、ダイエットにはうってつけの果物なのです。





■肌のつやを良くするピーナッツ

ピーナッツに含まれているビタミンB1は、炭水化物の代謝を促進します。また血液の循環をよくすることで新陳代謝をさかんにして肌のつやを良くします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。