スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の冷え性改善

寒い季節になると、あっという間に冷えのターゲットにされるのが手だと思います。

ただでさえむき出しの手に冷たい風が吹き付けると・・・。

ひどい方だと、手が真っ白になったり、痛みを通り越してしびれてしまう方もいるようです。

手は、心臓から距離がある部位の1つですから、血液の循環経路としても一番後回しにされてしまいます。

また他の部位とは違い、脂肪が少ないため、
保温効果が少ないとされています。

手の冷えを改善する為には、
まず身体全体の冷えを改善する必要があります。

ストレッチや、軽い運動などで身体を温めてあげましょう。

また、手には様々なツボがあります。
ツボを刺激して手の血行を促進してあげましょう。

また首の後ろを暖めると効果が促進するようです。
スポンサーサイト

良い睡眠方法

睡眠はしっかりとれていますか?冷え性の方は睡眠がうまくとれない、寝付けないという方も多いはず。睡眠をよくとる為には足を暖めてあげる事です。血液が全身にいきわたるように姿勢よく寝る事も大切ですよ。


■湯たんぽを使う
足を暖めるのに一番手っ取り早いのが湯たんぽを使う事です。
湯たんぽは、電気毛布のように電気代を一晩中くう事もありませんし、持ち運びも非常にラクです。
特に冬場の布団は冷たく、入っても中々温まりませんが、寝る数時間前から湯たんぽを入れておくと布団全体が温められ、辛い寒さにも対応できます。


■ペットボトルにお湯を入れて使う
湯たんぽがない方は、ペットボトルで代用する事もできます。
ペットボトルに40度~50度くらいのお湯を入れ、湯たんぽ同様布団の中に入れると適度な暖かさを得られます。お風呂のお湯などを使用すると経済的にも?優しいです。


■足を高くする
足枕などを入れて足を高くして寝ましょう。下半身に溜まった血液を循環させる事ができるので、体温低下を防ぐ事ができます。


■布団を考える
軽い素材の布団は、重みがないため、肩や首がスースーします。重みのある布団に変えてみてはいかがでしょうか?

ツボマッサージ

食べ物やお風呂などの身体の外から暖める方法を試して後は、身体を内側から暖める対策をとりましょう。その一つとしてあげられるのがこのツボマッサージです。

ツボは、身体のエネルギーを調節するもので、うまく刺激する事ができれば、血行促進につながったり、体調が良くなったりします。
人それぞれツボの位置は微妙に違う為、自分のジャストスポットを探しましょう。押すと心地よさと痛みが同時にくる場所がジャストポイントです。

ツボを押すコツは息を吐きながら、痛いけど気持ちいい程度に刺激しましょう。3秒くらい力をいれて休憩を3~4回繰り返すとよいです。


■足のツボ
足にはいくつかのツボが存在しています。血液の巡りが悪い箇所でもあるので重点的に刺激してあげましょう。

img1.jpg



■湧泉(ゆうせん)
足の裏にあります。足の裏の中心より少し上部(指を曲げた時にちょうどくぼみができる所)がゆうせんです。

■三陰交(さんいんこう)
足の内側、くるぶしから指4本をあてます。4本目の指のすぐ上にあるのがさんいんこうです。生理不順にも効果があるとの事です。

■足三里(あしさんり)
膝を折り曲げ、皿の外側のくぼみから指4本分下のツボです。足の疲れ等に効果があります。



■身体のツボ

img2.jpg


■中院(ちゅういん)
おへその上から親指を抜かした指4本分上にあります。

■天枢(てんすう)
てんすうは、おへその両隣にあります。おへそより、指3本分わきを押して下さい。

■関元(かんげん)
おへその下にあります。おへそよ指3本分下を刺激します。



■腕のツボ

img3.jpg


■曲池(きょくち)
腕を曲げます。曲げた時にできるしわの外側を刺激しましょう。


■手のツボ

img4.jpg


■合谷(ごうこく)
親指と人差し指の間、手の甲を押して下さい。

冷え性に効果がある簡単な体操

身体の血行を促進する為に運動は必要な事ですが、
毎日の生活に追われ、運動する時間を確保できない方もいるかと思います。

時間がない方は、寝る前などのちょっとした時間に簡単な体操をしてみてはいかがでしょうか?
ここでは、冷え性に効果のある体操をご紹介します。


■自転車こぎ
足を上にあげ、空中で自転車をこぐように足を回す体操です。体操は20回・2セットくらいを目安にして下さい。

1.仰向けに寝ます。
2.腰を手で支えるようにして足を上にあげます。
3.自転車をこぐようなイメージで足を回して運動をして下さい。


■骨盤体操
骨盤を動かし、下半身への促進を助ける運動です。

1.仰向けに寝ます。
2.頭を床につけた状態で足を15度くらいあげます。
3.10秒間くらいその体勢を維持して下さい。
4.勢いよく足をおろします。


■バタ足
空中で水泳をやるようにバタ足をする運動です。

1.仰向けに寝ます。
2.ひざをしっかり伸ばして下さい。
3.股関節から足を上下・交互に動かします。

ウォーキング

身体の血行をよくする事が冷え症改善の第一歩になります。血行をよくするという事は新陳代謝をあげるという事。一番簡単な方法は運動をする事です。

しかし運動といっても、バーベルを持ち上げる等の短期集中的な運動では意味がありません。身体にあまり負担をかけず、さらに長時間続けれるような有酸素運動をすると良いでしょう。
そこであげられる代表的な運動がウォーキングです。ちょっとした場所なら、車やバイク等を使わず積極的に歩いてみてはいかがでしょうか?

またただ歩くだけなく階段の昇り、降り等も取り入れてみるのも一つの方法です。階段の昇り、降りは脚に筋肉をつける事ができますので、一石二鳥です。




■パワーウォーキング
ウォーキングにも色々と種類がありますが、ここではパワーウォーキングというものをご紹介します。

パワーウォーキングは、ダイエット&エクササイズ等にもよく利用されるウォーキング方法で、血行促進の効果があります。やり方は、至って簡単です。

1.背筋はまっすぐに姿勢よく大幅に歩幅をとります。

2.基本的な呼吸は「吸う」「吸う」「吐く」「吐く」です。リズムよく行います。

3.腕は普段より大きく振りましょう。

また運動前、後のストレッチは忘れずに行いましょう。
ウォーキングの目安は約20分~30分です。

冷え性に効果ある衣服

冷えをしのぐには、衣服は大切です。特に寒い冬場に薄着をする方もいらっしゃいますが、冷え症の方は、確実に身体の冷えにつながっていくという事を忘れないようにしましょう。



■首を暖める
首は頭へ血液を送る為に通過する大切な部位です。首は頭を支えている為、常に筋肉が緊張し血液が滞りやすい部分ですから、マフラーやスカーフ等で暖めるようにします。


■重ね着をして身体を暖める
重ね着は保温効果を促進します。一番下は、汗などを吸水しやすいTシャツ、もしくはババシャツ等を身につけ、その上に長袖のシャツ等を着るようにします。衣服を1枚で着る事は、なるべく避けましょう。


■足を暖める
足は血液の巡りは非常に悪く、皮膚の温度が室内くらいまで下がってしまう。まずは、保温性のある靴下やタイツをはく事。また女性がよく冬場にはくブーツは、保温性がよい為おすすめだが、ヒールの高いものや、足首やふくらはぎに余裕のないブーツは避けましょう。足を締め付ける行為は、血液の流れを悪くします。

冷え性対策 腹巻き効果

ここで一度自分のお腹を触ってみましょう。いかがですか?


座り仕事をしている方は、多分暖かくなっていると思います。


しかし、こういった動かない方が運動や歩行により汗をかいた時はどうでしょうか?



一度汗をかいた時のお腹に触れてみて下さい。



冷え性の方は、多分お腹が冷たくなっているはずです。


お腹は、手や足に続き、冷えを訴えている箇所と言えます。



運動などによりしっかり汗をかいたはずなのになぜか

お腹が冷たいのは、芯が暖まっていないからです。



例えば、暑い時にどうしますか?大抵の人は冷たい飲み物を飲んだり、

涼しい風に直接あたったりすると思います。そういった行為を繰り返す事により、

新陳代謝や血のめぐりが悪くなり、芯から暖まっていないお腹が冷えるのです。



お腹の冷えは、手や足に比べると気がつきにくい箇所です。せっかく手や足を暖めているのに、

寝る時の格好がTシャツであったり、ズボンの裾からシャツを出したり等の格好で寝てしまっては、

大事なお腹が冷えてしまいます。



お腹を暖めるのに効果的なのが「腹巻き」です。朝がだるい・・等の症状がある方は、

一度腹巻きをして寝てみましょう。



ところで最近は、遠赤外線やゲルマニウム効果など、

機能性のある腹巻がある事をご存知ですか?



遠赤外線放射繊維の力で、一般的な腹巻よりもずっと暖かにしてくれる効果があるんですよ。



特にお腹が冷えるという冷え性の方は、機能性腹巻特集をご覧下さい.

冷え性対策 生姜

前項の冷え性に効果のある食べ物で、生姜を紹介しましたが、
ここではもうちょっと生姜について掘り下げてみたいと思います。



冷え性の友人が漢方の医療に通っているんですが、

冷え性に詳しいそこの医師も生姜をすすめているそうです。


そもそも生姜がなぜ冷え性にいいか?



これは生姜に含まれる「ジンゲロン」が左右していると言われています。


生姜を口にすると、全身からカーッとなる感覚がありませんか?



このジンゲロンは身体の発汗作用を強烈に促す効果があります。



この効果が身体に良いとされ、冷え性改善の代表的な食べ物になっているというわけです。


しかし生姜は非常に口に入れづらい癖のある味があります。



好きな方はいいんですが、嫌いな方は中々受け付けられないもの。



そんな方は生姜のサプリメントや生姜紅茶などにして召し上がるのがいいかもしれませんね。

冷え性に効果のある食物

■冷え性に効果のある食物


野菜:ニンジン、ごぼう、レンコン、にら、かぼちゃ、ネギ


果物:桃、サクランボ、あんず


魚介類:エビ、なまこ、アナゴ


調味料類:しょうが、とうがらし、にんにく、山椒、胡椒、みそ、しょうゆ


種実・豆類:梅、栗、くるみ


穀物・芋類:山芋、こんにゃく、


その他:紅茶


各種ビタミンについて

陽性の食べ物や陰性の食べ物も重要ですが、食べ物に含まれるビタミンも冷え性を改善する効果があります。ここでは、代表的なビタミンを紹介します。


■ビタミンB1
糖質を燃やし身体を動かすエネルギーを生み、体熱を効果的に生み出すビタミンです。
ビタミンB1は「豚肉、マグロ、卵、ゴマ、ほうれん草、レバー、イワシ、焼き海苔」などに含まれています。

ニンニクやニラなどと一緒に摂取する事によりアリシンという成分が、ビタミンB1の吸収を手助けしてくれます。


■ビタミンE
ビタミンEは血液をサラサラにする効果があります。また、血行をよくする為の毛細血管を広げ、からだを暖める効果があります。

冷え症だけでなく、肩こりや更年期障害、成人病予防にも使用されていると言われ、幅広く身体を調整する為に役立っています。

このビタミンEをよく含んでいる食物は「イワシ、カボチャ、ほうれん草、タラコ」などです。油と一緒に摂取すると吸収率がいいという事も特徴の一つです。


■鉄分
鉄分は、体内の体温を下げる事を防ぎます。また血液中のヘモグロビンの成分でもある為、身体中に酸素を送り、貧血や体力不足から身体を救います。

女性に貧血が多いのは、月経などによる生理現象の為、この鉄分が不足してしまうからです。鉄分が不足すれば酸素を運ぶ力がなくなり、体力不足、冷え症の原因にもなります。

鉄分を多く含む食材は「レバー、イワシ、ほうれん草、カキ、のり、豆腐」などです。お茶や紅茶は鉄の吸収を妨げる効果があるので、食事をとる際は気を付けましょう。
プロフィール

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。