スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効果ある入浴方法

せっかく良いお湯の状態を保っていても正しい入浴方法でなければ、意味がありません。前項でも述べましたが熱い湯には長時間入っていられません。適温で長時間入浴する事が基本なのです。


■半身浴
身体の上半身をお湯から出して入る入浴方法の事です。湯船に下半身だけ浸かります。心臓から遠い下半身を長時間ゆっくりと暖める事で、溜まっていた血液の流れをよくさせ、全身に巡らせるようにします。
血液が全身に巡る事によって身体が暖まります。


■温冷交代浴
先ほどは、熱い湯に入る事は、あまりよくないと述べましたが、何回にも分けて熱い湯に入る方法があります。熱い湯にしっかり入り、湯船から出た後すぐに、冷たい水を足や手にかけます。これを約5回程繰り返します。熱を吸収した血管が冷水をかける事により、血管が収縮し、その熱を閉じこめ、暖かさを保つというわけです。

これはサウナにも言える事ですね。サウナの近隣によく冷水が置いてあると思いますが、これは上記の原理と同じ事です。サウナで十分に身体を熱した後、冷水に入る事により、体内へ熱を蓄積させる事ができます。


■足指体操
入浴中、余裕があれば足の指を動かす事をおすすめします。足の指を開いたり、閉じたりして自律神経の活性化を促しましょう。


■入浴後は・・
身体を冷やさないよう、髪の毛を乾かしたり、足には靴下などを着用して下さい。湯冷めしては逆効果になります。





スポンサーサイト

暖まるお風呂の作り方

冷え性予防の一つ!お風呂に入りましょう。特に一人暮らしの方。
面倒だからといってシャワーだけでお風呂をすませてませんか?
湯船をしっかり張り、入浴する事が大切です。


お風呂は、全身を暖めるだけでなく、冷たくなり収縮した毛細血管を広げ、
血行を良くし、冷え性改善の手助けをしてくれます。

ここでは、身体に良いお風呂の作り方を説明します。


■お湯の温度・熱さを調節!
寒いから、熱い湯に入ろう!と思いがちですが、これは、逆効果です。お湯が熱い為長時間入っている事ができず、身体の皮膚しか暖まらず、すぐに湯冷めしてしまいます。
ちょっとぬるめ、40度前後の熱さが丁度よい湯加減です。


■入浴剤効果
ただのお湯に浸かるだけでは、なんとなく飽きてしまうと思います。そこで市販で売られている入浴剤などを入れてみてはいかがでしょうか?入浴剤にも色々な効果があります。

また、みかんの皮やレモンなどをお湯に浸けて入ってみて下さい。みかんやレモンの皮には身体の保温効果を高める作用があります。

さらにはお酒やお酢を入れるといった入浴方法があります。お酒やお酢は、毛穴の脂肪や老廃物を溶かす作用があり、新陳代謝を高めてくれる効果があります。

また最近では新陳代謝を高め、発汗作用のあるゲルマニウム入浴剤など人気があるようです。

■その他(足湯のススメ)
時間がない時はちょっとした時には足湯だけでも効果があります。足湯は、42度~43度程のちょっと熱いかなと思うくらいの温度が適温です。

冷え症は何故女性に多いのか?

冷え性は、もちろん男性にも症状が出ますが、比較的女性に多い傾向があります。ではなぜ女性は冷え性になりやすいのでしょうか?


■女性ホルモンとの密接な関係
冷え性の大きな原因の一つ、自律神経の乱れ機能低下は、女性ホルモンのバランスの乱れが理由の一つです。

特に女性ホルモンが乱れる時期は、妊娠時と更年期時です。この時期が原因で冷え性になる事がよくあります。また身体に無理なダイエットは、月経不順を招くと共に、冷え症を併発する危険性があります。


■衣服の関係
男性は割とゆったり目の服を着る事が多いと思いますが、最近の流行もあり、女性は身体にぴったりとした服を着る傾向にあります。

前項でも述べましたがこのようなピッタリとした服は、身体を締め付け、血液の流れを悪くする効果があります。

また、ミニスカートなどの薄着ファッションが身体を急激に冷やしてしまう為、冷え症が発生しやすいという訳です。


■血圧(低血圧)の問題
これも大きくダイエットに関わってくる事ですが、低血圧の方、もしくは低血圧になってしまった方は、血液を運ぶ力が他の人よりない事になります。という事は通常の方よりも体力が落ちてしまうという事です。

またダイエットにより栄養不足になり、貧血を起こしたりする方もいます。貧血は体内の血液が足らない信号です。ちゃんとした食事法のダイエットが必要だと言えます。

冷え性と食べ物

冷え性と食べ物は重要な繋がりを思っています。食べ物には身体を暖める「陽性」の食べ物と、身体を冷やす「陰性」の食べ物、そのどちらでもない「中性」の食べ物があります。

主に冷え性の方は身体を暖める陽性の食べ物を取るべきなのですが、現代人が簡単に口にできるのは、どちらかと言うと「陰性」の食べ物が多いようです。
各食べ物にはどんな特徴があるかをしっかりと覚え、冷え性改善に効果のある食べ物を取るようにしましょう。


■陽性の食べ物
冷え性を改善する、すなわち身体を暖める食べ物「陽性」の食物は、寒い地方で採れる物。冬に採れる食べ物が多いのが特徴です。

代表的な例をあげると、しょうが、ねぎ、にんにく、こんにゃく、ごぼうなどがあります。
また、陽性の食材には、血液をサラサラにする効果がある食物と、ドロドロにし循環を悪くする食べ物とがあります。血液の流れを悪くする食物を取りすぎないように気を付けましょう。

食物の種類は「冷え性の改善・対策」コーナーの「食べる」項目で詳しく説明します。


■陰性の食べ物
陰性の食べ物は冷え性の方にとって天敵とも言える食材です。まず、身体を冷やします。中には冷やすだけでなく血液をドロドロにし循環を悪くさせる食べ物があります。

これら陰性の食物の特徴は、暖かい地方で採れるものや、夏に採れる野菜などです。生野菜は身体を冷やす効果があるので、冷え性の方は、料理して摂取する事をおすすめします。

陰性の食材には、大豆、豆乳、コーヒーを筆頭に合成甘味料、砂糖、スナック菓子、チョコレートなどがあります。これら後半の食材は血液をドロドロにする効果があるので、気を付けましょう。

これら食材の詳しい種類は「冷え性の改善・対策」コーナーの「食べる」項目で詳しく説明します。

■中性の食べ物
中性の食べ物は、身体を冷やす事も逆に暖める事もしません。これらの食材は主食として適していると言えます。代表的な種類は、玄米、むぎなどです。玄米生活を始める!というのも手かもしれませんね。

冷え性の種類

個人の体質により冷え性の種類があります。自分がどの冷え性の種類に適しているかを調べましょう。下記の項目をご覧になり、調べてみて下さい。


■自律神経失調体質
冷え性になる方のほとんどが、この自律神経失調体質に当てはまるんではないでしょうか?
この自律神経は、人の内臓、血管などの身体を一定に保っていく働きを任されています。汗や温度を調節するのもそうですが、胃の動きや目の動きなど自然な事も自律神経で制御されています。

この自律神経が崩れると、身体に様々な障害を引き起こします。疲れがとれない、イライラする、胃がもたれる、肩がこるなど症状を引き起こし、いつかは精神的不安定な自立神経失調症になる恐れもあります。

基本的には不規則な生活、食生活などから引き起こされる事が多いようです。


■鉄分不足体質
女性はこの症状になりがちかと思われます。ダイエット等などの食事を極端に減らす行動により、鉄分不足になります。特に女性は生理等ありますので必要以上に鉄分を摂取しなくてはいけません。
この状態が続けば、いづれ貧血を起こします。この貧血が冷え症に大きく関わってきます。

貧血は、血液中の赤血球が少ない状態の事で、この赤血球は酸素を運搬する役目を担っています。貧血を起こす体質。すなわち赤血球が少ない血液は身体の力の源の一つである酸素を運搬する力がなく、結果として体力不足、疲れやすく、手足が冷える状態を作ってしまいます。


■ホルモン不規則体質
男性には、ほぼありませんが、女性に多く関係する事です。ホルモンのバランスが崩れる事による自律神経の不調。これが原因で冷え性になる事があります。多くの症状は「冷えているのに、のぼせたような感覚になる」冷えのぼせです。

この症状は腰が冷えるにの頭がのぼせたように熱くなります。特に更年期を迎える女性に多い症状のようです。しかしこの症状は時期がくれば次第に収まっていきます。

冷え性の原因を探る

なぜ冷え性になるのか?まずはこの原因を探ってみましょう。


冷え性は前項でも少し触れましたが、毛細血管へ暖かい血が流れない状態、血行が悪くなっていることです。人間の身体は、この毛細血管を使って外へ体温を逃がさないようにする機能があります。
ところが、この毛細血管に血液が行き渡らない状態が続くと、いつまでも血管が収縮しているため、冷たくなってしまいます。ではなぜこのような事が起こってしまうのでしょうか?


■原因その1 衣服等からの要因
特に女性に多い事です。最近はボディラインにぴったりとした服がはやってます。窮屈な服を着るという事はそれだけ、身体に圧迫をかけるという事。毛細血管へ血液を運ぶ妨げになります。
ゆるい衣服を着ている人。きつい服を着ている人とでは、体温の上昇の仕方が違うという事が実験でも立証されているそうです。


■原因その2 食生活の要因
食物については後の項で詳しく触れますが、冷え症に逆効果の食べ物があります。これは現代人がとても好んで食べる物ばかりです。例えばファーストフード、チョコレートなどのお菓子。これらは、陰性の食べ物と言われ身体を冷やす効果があるだけでなく、血液をドロドロにし循環を悪くさせる効果もあります。


■原因その3 エアコン等の機器
人の身体は、その季節、温度、気候に対して体内温度を調節する機能があります。しかしクーラーや暖房の設備に頼りすぎていると、神経機能が鈍り、皮膚から脳に「冷たいや寒い」などの情報がうまく伝えられなくなります。いざという時に身体を暖める血液を送り込む命令を出す、自立神経がうまく機能しなくなります。


■原因その4 運動不足・筋力の低下
運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くさせます。また筋力が低下する事によってエアコン等に対する免疫力が弱り、自律神経がうまく働かず、毛細血管を収縮させる原因となります。


冷え性になると、手足が冷えるだけでなく様々な症状が出ます。症状と照らし合わせ、自分は冷え性なのか?そうじゃないのか?という事もしっかり認識する必要がありますね。



冷え性の症状


■頭痛・肩こりがひどい
冷え性がひどくなると血の巡りが悪くなり、頭痛やひどい肩こりに悩まされるようになります。肩こりに至ってはマッサージをしてもなかなか改善する事はなく、次第に頭痛の原因にもなります。

■すぐ風邪をひく
神経体温を調節する自立神経が弱っている為です。適切な体温調整できない為、身体が弱りやすく風邪をひきやすい体質になります。

■腹痛や下痢が多くなる
身体の冷えと共にお腹も冷え下痢や腹痛が多くなります。

■集中力が低下する
物事に取り組む意欲や集中力が低下し、やる気がなくなります。

■アレルギーや肌荒れがひどくなる
代謝が悪くなる為、吹き出物やアレルギー等で肌荒れが目立つようになります。

■胃がもたれやすくなる
自立神経が弱っている為、消化液の分泌を抑制してしまい、食べ物をうまく消化できなくなり、結果として胃もたれを引き起こしてしまいす。

■生理不順が起きる
自立神経の不調によりホルモンのバランスが崩れ、生理不順を引き起こします。

■体力がなく疲れやすい
毛細血管が収縮してしまう為、酸素を運ぶ力が低下し、貧血やすぐにダルくなったりなどの症状を引き起こします。

■夜眠れない
手足が冷えてしまい、集中して寝る事ができなくなる時があります。

冷え性とは?

冬になれば寒いのは当たり前です。長時間外にいると身体は冷えきってしまいます。
部屋に入って暖めてもなかなか暖まらない。特に手足が冷えているように感じる。これが冷え性の始まりです。

冷え性は、身体の他の部分が暖まり、冷たくないのに対して、手や足の先などがいっこうに暖まらず冷えているような感じが続く事です。

この冷え性は、言い換えると「血行不良」とも言えます。動脈硬化などにより毛細血管まで暖かい血液が回らなかったり、外の気温により、毛細血管が縮んでしまい、元に戻らず血行が悪くなり、血液の行き届きにくい、手や足の先に影響がでます。




冷え症ではなく、冷え性!?



さて冷え性は冷え症ではありません。漢字変換しても冷え性と一番始めに出てくるはずです。「症」この字は病気と判断されたものに対して主に使われます。
ここで間違えていけないのは、冷え性は決して病気ではありません。

というより西洋医学では冷え性を病気として扱っていないのです。

ですからお医者さんに行っても、症状に対しての適切な診断はしてくれても、冷え性を治す薬というものは、ほぼ存在しません。
冷え性は普段の食生活、運動から改善できます。生活を一度見直し、適切な環境で生活を送る事が冷え性解決の一番の近道ですね。



冬の美肌対策

朝晩の冷え込みが厳しく、晴れた日の昼間の暖かさが気持ち良い季節になりましたね。

夏と違って照りつけるような暑さはないため、つい紫外線対策を怠りがちですが、実は紫外線は1年中降り注いでいるのです!

今の季節は紫外線対策をすることはもちろん、夏にダメージを受けた肌を回復させることも重要となってきます。
そこで今回は秋冬に行うべき美肌ケアのポイントをまとめてみました。

【美白ケア】
夏の紫外線によって肌の奥に蓄積されたメラニン色素は秋冬にかけて「シミ」や「くすみ」として現れます。
美白化粧品は夏のものと考えられがちですが、実は秋冬に使ってシミの生成を防ぐことが重要なのです。

【保湿】
夏に日に焼けたり汗をかいたりした肌は水分を失っています。乾燥した肌は正常な肌のターンオーバーを妨げるので、
シミ・くすみを防いで健康な肌を作るためにも保湿ケアは欠かせません。

【食事】
健康な肌を作るためには、体の内側から健康になることが必要です。
美白に効果があるビタミンC、皮膚や粘膜を強くする効果のあるビタミンA、
血行を高め肌荒れに効果のあるビタミンEを積極的に摂取しましょう。

ビタミンCを多く含む食材:赤ピーマン、ブロッコリー、アセロラ、レモン、いちご等
ビタミンAを多く含む食材:かぼちゃ、にんじん、春菊、ねぎ、卵黄、鶏レバー等
ビタミンEを多く含む食材:ほうれん草、アボカド、サーモン、アーモンド、植物油等

しわの悩み対策!

やはり一番の原因は紫外線
どんなしわも根本的な原因は、もちろん「皮膚の老化」。


真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」が加齢により、量が減少したり変性することにより、肌の弾力が失われてきてしまいます。


しかし、最も大きな外的要因は何といっても「紫外線」です。紫外線は、いわゆる「日焼け」を起こすものと思われがちですが、それだけではなく、「光老化」というものを起こすのです。


いつも衣服で覆われている部分とちがい、顔は常に露出しており、「光老化」に侵されやすく、シワも目立ってくるのです。


光老化について詳しく見る

健康な真皮では、コラーゲンがしっかりと集まって束を作り、真皮の支柱役をになっています。また、その間をエラスチンがゴムのバネのように張り巡らされています。


ところが、紫外線にあたるとコラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素が分泌がなされます。そして、皮膚が弾力を失ってたるみ、シワとなるのです。


わずか数分間紫外線を浴びただけで、数時間後には私たちの皮膚のコラーゲンを切断する酵素が作られ始めます。特に、長年紫外線を浴び続けた肌は、コラーゲンが小さく切断された状態になっています。


子供の頃はつぎつぎと新しいコラーゲンやエラスチンを作る能力があるので、新しい線維ができ、しわになりません。


しかし、年齢を重ねた肌は、新しい線維をつくる能力がだんだんとおとろえて、傷ついた線維がのこり、シワとして蓄積されると考えられます。


■小さなしわは乾燥から
もうひとつの大きな原因は、乾燥です。ずっと乾燥にさらされると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間ができてきます。この隙間から、表皮の水分が蒸発していきます。その結果、水分を失った皮膚は薄く硬くなり、小ジワが出来てしまいます。
もっとも、本来、角質層には水分の喪失や外部の有害物質の侵入を妨げるバリア機能があります。そのため、健康な皮膚なら乾燥しません。しかし、20歳を過ぎた頃から、肌は乾燥がちになってきます。これは、角質細胞の保湿力を担うアミノ酸と、角質細胞をつなぐ細胞間脂質が、年齢とともに減少するからです


■その他の原因
そのほかにも、さまざまな原因が考えられます。

●活性酸素
ストレスや喫煙などで活性酸素が発生。肌が酸化することにより、真皮層のコラーゲンが変質して硬くなり、弾力がなくなります。

●角質や真皮層の弾力低下
加齢により、角質層の天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質の量が減ってきたり、真皮層のコラーゲンやエラスチン、その間を埋めるヒアルロン酸などの量が減少して肌の弾力が低下してきます。

●女性ホルモンの減少
女性ホルモンは皮膚の弾力を支える真皮層コラーゲンやエラスチンや角質層のヒアルロン酸の生成にかかわってきます。女性ホルモンは20代から30代前半をピークに減少し始めます。

●顔の筋肉の緊張
顔をしかめたり笑ったり。これらは次第に眉間や目じり、額などに「表情じわ」となっていきます。


シワの有効対策!


■まずは、しわができないようにしっかり予防。
以上のような原因から、しわを食い止めるには、万全な紫外線対策と乾燥対策が必要となってきます。
まずはサンスクリーン剤と保湿効果の高いスキンケアでのケア。
紫外線から肌を守るためにはUVA、UVBが十分にカットできるサンスクリーン剤を、角質層のバリア機能を高めるためにも保湿剤を使うことが大切です。
また、活性酸素を発生を防ぐため、酸化防止成分が入ったスキンケア用品を使ったり、ストレスをためない規則正しい生活を心がけることも大切です。


■では、出来てしまったしわには?
もちろん、それ以上の進行がないように、日々のスキンケアで乾燥対策、紫外線対策を行うことが必要です。
また、最近では、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの再生を促すスキンケア商品も市販されていますので、そのような成分でのスキンケアも行っていきましょう。


また、化粧品で治らない深いしわについては、皮膚科などの医療機関で、外用薬やボトックス注射、ヒアルロン酸の注入などのメスを使わない治療や形成外科による外科的手術での治療となります。

毛穴洗顔で黒ずみ解消

毛穴洗顔の重要性

洗顔で毛穴を清潔に 言うまでも無く毛穴の洗顔は重要です。

毛穴に限らずスキンケア全ての基本となるでしょう。

みなさんも当然毎日洗顔を行っていると思いますが、
「正しい洗顔」をしていると自信を持って言えますか?

せっかくがんばって毎日洗顔してもそれが間違った洗顔、肌に負担のかかる洗顔であれば逆効果ですし、全く意味をなしません。

洗顔頻度や洗顔周期、洗顔習慣といったことも意識して行わなければなりません。

洗顔のやりすぎにより肌は乾燥しますます毛穴の開きが促進され
黒ずみが目立ちはじめます。

またきちっとした毎日の洗顔習慣を身につけていなければ肌のターンオーバーが乱れ、毛穴の黒ずみの原因である角栓が出来やすくなってしまうのです。

効果で特別な洗顔料を使う必要は決してありません、ただポイントを押さえた正しい洗顔法を見に付けるだけであなたの毛穴の黒ずみはミルミルなくなり、美しい毛穴と肌が蘇ることでしょう.


毛穴の黒ずみは毎日の洗顔で解消

毛穴の悩み 毛穴の黒ずみが目立つことで悩んでいる人は実に多いのです。

あなたは特別ではありません。

ではなぜ毛穴は黒ずみそして毛穴の黒ずみについて多くの人が悩んでいるのでしょうか?
理由は簡単です。

それは、間違った毛穴対策を行って、簡単にできる毎日の洗顔法すら正しい方法を身につけている方が少ないからなのです。

心配する必要はありません。毛穴の黒ずみは毎日の洗顔で解消します。

高級な洗顔フォームや洗顔料を購入する必要もありませんし、洗顔パックや角栓吸引器などで強引に角栓や皮脂を取り除く必要もないのです。

それら強引な毛穴ケアが実は毛穴を強く痛めつけ、毛穴の開きや黒ずみなど毛穴が目立つ原因をいつまでたっても解消できないでいる理由のひとつと言えます。

洗顔、プラスアルファーで毛穴ケア もちろん洗顔オンリーで毛穴の黒ずみ全てを解消できるとまでは言いませんし、言えません。

洗顔は毛穴と肌スキンケアの基本ですし
当然毎日継続するものとして身につけてください。

根本的に肌代謝やターンオーバーを再生させるために必要なことは乱れた生活習慣を改善し、出来るだけストレス環境から離れた場所に身をおくよう心がけるということで...


毛穴洗顔の洗顔料には何を選べば良いの?

どの洗顔料を選ぶ?

毛穴洗顔の洗顔料には自然成分、天然成分のものを選びましょう。

高額な洗顔料や新しい切り口の洗顔料に飛び付く必要は全くありません。

基本的には石鹸で充分なのです。そして石けんもなるべくは、自然成分、天然成分を配合したものを選ぶようにしてくださいね。

スクラブも基本的に必要ないと考えて良いです。

ただし毛穴の黒ずみの程度、毛穴周りの皮膚がガサガサだったりして非常に状態の深刻な場合は、市販のスクラブ剤からご自分にあうものをチョイスし時間をかけゆっくりと柔軟性のある肌を取り戻してください。

現在、スクラブ剤の中にはミクロビーズ(粒子)のほか蒟蒻(こんにゃく)ビーズなるものもあり多様です。ただしやり過ぎには注意です。

スクラブはミクロとはいえ粒子が含まれていますから、
強く擦ったり洗ったりする事で肌を損傷します。


毛穴汚れを落とすには(正しい洗顔法)

洗顔を習慣化する 毛穴の汚れ落とすのに欠かせないのが毎日の洗顔です。

正しい洗顔を毎日習慣化させることによりミルミル肌本来の美しさ、瑞々しさを取り戻します。では正しい洗顔法の手順を解説します。

▼毛穴汚れ落としに効果的な洗顔

1.洗顔前の準備 効果的な洗顔を引き出すために、毛穴を開いた状態にし洗顔に備えます。毛穴を開く事によって洗顔の効果が充分に発揮されます。蒸しタオルを2~3分程度顔に載せるだけで毛穴は開きますし、入浴後にも毛穴が開いていますのでそのタイミングを考えて洗顔すると良いでしょう。※お化粧落とし(クレンジング)後を前提としています。

2.洗顔 洗顔のポイントは使用する石鹸等の洗顔料をよく泡立てるということです。充分に泡立てずに指をゴシゴシと強く押し当てて肌(毛穴まわり)を洗顔している人がいますが、大きな間違いです。これでは返って毛穴や肌を傷つけてしまいますので注意してくださいね。

3.すすぎ みなさんが意外に見落としがちなのがこの「すすぎ」です。洗顔の準備から洗顔までがうまくいっているのにこの「すすぎ」が不十分なためにいつまでも毛穴の黒ずみが解消しない方はたくさんいます。


洗顔だけでは毛穴対策は不十分?

毎日の洗顔は不可欠 毛穴対策には毎日の洗顔は絶対に欠かせません。

逆に言うと洗顔だけでもかなりの毛穴の黒ずみは解消してしまう事でしょう。

しかし洗顔だけでは根本的な毛穴対策になっていないことに
我々は気づかなければなりません。

毛穴は肌の一部を構成し、肌は心身のバランスやバイオリズムを敏感に反映します。

体の調子が悪ければ肌は乾燥したりオイリーな脂性肌になったりします。

その結果、肌が開き、詰まり、角栓が生成され毛穴の開きから毛穴の黒ずみへと症状は深刻な方向へ向かっていきます。

毛穴対策の基本 もうお分かりだと思いますが、根本的な毛穴対策には生活習慣の乱れを正常化し、食生活までも注意しなければならないということなのです。

代表的なことを挙げるとすればストレスをため過ぎないコントロールと、充分な睡眠、そしてビタミン系を多く摂取する食事です。

これから適切に絡み合いうまく生活リズムが動き出したときには肌代謝と肌のターンオーバーは蘇り、過剰な皮脂分泌などは起きなくなります。

洗顔は毛穴対策にとってもちろん重要ですが、
それだけでは足りないということを肝に銘じる必要があります。


意外に知られていない洗顔のポイント

洗顔の重要性 洗顔の重要性についてご存知の方も多いと思いますが、正しい洗顔法を知っている方が意外に少ないことが驚きです。

洗顔時には使用する石鹸等の洗顔料を充分に泡立てやさしく毛穴に押し当てるようにして洗顔します。

クルクルと円を描くように洗顔するのですが、毛穴の黒ずみや汚れを早く落としてしまいたい重いから強く力を入れてゴシゴシと洗ってしまう人が多いようです。

洗顔している本人は満足なのですが、毛穴や肌の方はすっかり悲鳴を挙げている状態です。これは肌や毛穴を傷つけ二次的疾患に繋がっていく可能性がありますので絶対にお止めください。石鹸等の洗顔料の洗浄力だけでも充分なのです。

やさしく押し当てる程度にしてくださいね。

すすぎが不十分だと実は、ここまでは多くの方が既に実践している洗顔法です。多くの方が見過ごし、軽視しているのは「すすぎ」の部分です。

洗顔まで正しい方法で行っていてもすすぎが不十分だと汚れや細菌などが皮膚に付着したままとなりそれが次の毛穴つまりや毛穴の黒ずみを生成していくととなります。すすぎは回数にして約30回、時間にして2~5分が目安となります。

毛穴の黒ずみは何が原因?

毛穴の黒ずみは、毛穴を詰まらせる角栓が原因と言われています。角栓とは毛穴から分泌される皮脂と古い角質層が絡み合うことにより出来る固まりのことを言います。本来、毛穴で生成される皮脂は皮膚外へ流れ出し自らつくりだした自然な皮脂膜で保湿パックを施すのですが、毛穴付近の古い角質が直ぐに剥がれ落ちずに残っていることで外に出ようとする皮脂と絡み合います。よって、絡み合った皮脂と古い角質で蓋をつくり毛穴を詰まらせるのです。


角栓が出来やすい脂腺性毛包(皮脂毛穴)は、普通の毛穴よりも約4倍の皮脂分泌量があるため一度角栓をつくるとどんどん角栓が大きくカチカチに固まり出します。時間が経てば、更に古い角質層が毛穴内に落ちてきますから角栓は大きくなる一方というわけです。この角栓と皮脂が酸化により黒く変色したものが毛穴の黒ずみの原因なのです。



角栓を除去するには

この角栓を除去するには、ある程度の力を利用して外に押し出す必要があります。具体的には、肌を必要以上に引っ張られないように片方の手で抑えもう片方の手で毛穴の奥のほうに押し込むように指に力を入れるのです。最初は慣れないかもしれませんが、続けることで徐々に除去のスピードが上がってくるでしょう。


しかし、角栓を除去しただけで安心しないでください。なぜならば、最も重要なのは角栓除去後の毛穴ケアだからです。毛穴の角栓を押し出しただけでは毛穴に大きな穴ができ毛穴が開がったままになりますので、忘れずに毛穴のつまりを予防しなければなりません。角栓の除去後はAHAやBHA、レチノール等の酸ローションや酸トリートメントを使用することで古い角質自体の結び付を弱め角栓を分解しやすくするので試しに使ってみて、自分の肌質に合う場合は使い続けられると良いでしょう。

クマの種類別スキンケア方法

・青グマ(血液のよどみによるもの)

目のまわりには、目を動かすために血液が集中しています。
目の周りの皮膚は、顔のほかの皮膚と比べると3分の1程度の薄さしかありません。
睡眠不足、ストレス、疲れなどにより、目の周りの血行が悪くなると、滞った血液が皮膚に透けて、クマになって見えてしまいます。
そのほか、色白の人や冷え性の人にも、多くみられます。

スキンケア方法
軽くマッサージをして、血流をよくするのが一番の解決法です。
目のまわりのツボを押すと、疲れ目や、青グマを解消することができます。
喫煙でも毛細血管は収縮して血流が悪くなるので、喫煙をする方は、タバコを控えましょう。
そのほか冷たいものも、避けたほうがいいでしょう。




・黒グマ(むくみ、たるみからくるもの)

実は、クマで悩んでいる人の多くは、この黒グマです。
皮膚のたるみが原因によって、できます。
年齢がいくにつれて、薄い下まぶたの皮膚は、さらに薄くなってきます。
薄く弱くなった皮膚は、目玉が入っている穴の重さに耐えられなくなり、前に出てきます。
そこに陰ができ、クマとして見えるのです。

スキンケア方法
青グマと同じような手入れが必要となります。
皮膚のたるみが原因ですので、コラーゲンを増やすお手入れをしましょう。
塩分は、控えた方がいいでしょう。




・茶グマ(シミ、くすみによるもの)

目の下に小さいシミがいくつかできて、それらがつながってクマのように見えることもあります。
紫外線、赤外線などのダメージや、乾燥や目をこすりすぎなどによって目元にメラニンが増え、皮膚が黒ずみ、クマになって見えてしまいます。
また目をこするクセのある人や、目のまわりに湿疹ができる人は、角質が厚くなって、それがくすみになり、クマのようになっていきます。

スキンケア方法
茶グマはシミなので、通常のシミと同じお手入れをしていきます。
肌が乾燥している人は、一年中保湿力の高いローションや乳液でお手入れをし、肌が乾燥しないようにします。
ドライアイで、無意識に目をこすってしまう人は、目が乾かないように点眼し、こすらないようにしましょう。
またアイメイクを落とすときは、刺激の少ないものを選び、こすらないように気をつけましょう

スキンケアの順番の大切さ

スキンケアの順番の大切さ

スキンケア


化粧品には、化粧水、美容液、乳液等、いくつかの種類があります。

これらの化粧品の使用する順番についてですが、
順番を間違えると効果が半分以下になってしまうといわれています。

なぜ、効果が薄れるのかについて簡単にふれておきます。

まず、お肌に階層があることについては前述のとおりですが、
表皮・真皮に対し順番に成分を与えていく必要があります。

しかし、乾燥から防ぐための保湿効果を目的とし、表皮に油分を与えたとします。

この段階で、お肌に閉じ込めたい水分を与えても、
表面の油分が水分を弾いてしまい、お肌の中へ水分が届かなくなります。

というように、化粧品の使用する順番はとても大切なことなのです。正しい順番で化粧品を使用していき、ぷるぷるな肌になるよう改善していきましょう。


正しいスキンケアの順番

まずはじめに、お肌にきちんと美容成分が浸透するように、クレンジング・洗顔をおこない、お肌をリセットします。
次に、化粧水を使用します。クレンジングを行った後は、お肌の油分も含め取り除いているため、乾燥しやすい状態となっていますので、たっぷりと化粧水を使用してください。
次に美容液です。水分がお肌にいきわたってから、美容液を使用します。水分がある程度、お肌にいきわたっていると、美容液もお肌に浸透しやすくなります。
以後は、乳液やクリームを使用してください。乳液とクリームでは、乳液の方が油分が少ないため乳液を先に使用してください。

赤み肌のスキンケア方法

赤みがでるのは、真皮層の毛細血管に拡張によるもの(乾燥・外気など)やアレルギーによるものなどがあります。ただ、アレルギー反応の場合はスキンケアでは治りません。

お医者様の意見を聞くことも大切なので、間違った自己診断をする前に診察を受けてくださいね!

akami.jpg


一番多いのが乾燥によるもの、ニキビの炎症によるものなどです。

また、敏感肌の多くは皮膚が薄い傾向にあるので余計に透けて赤みがでやすくなってしまいます。

ニキビによる赤みは→敏感肌のニキビケア、乾燥による赤みは→乾燥性敏感肌を参考にしてくださいね。

ここでは皮膚の薄さからくる赤みについてお話します。


クレンジング

皮膚の弱いお肌に摩擦は禁物!メイクは必要ですが、スポンジでゴシゴシ力を入れぬよう気をつけてくださいね。クリームタイプのファンデーションがおすすめです。
クレンジングも、落ちの良すぎるオイルクレンジング・ジェルクレンジング・拭き取りクレンジングはNG×!
洗い流せるタイプ(できればダブル洗顔の必要のないものがベスト)のミルククレンジング・クリームクレンジング・ゲルクレンジングを選びましょう。
アイメイクをしている場合は、専用のポイントメイク落としなどでオフしてくださいね。
手でこするのではなく、ゆっくりと顔全体になじませて、「汚れを浮かす」イメージで!あとは洗い流してタオルでやさしく拭き取ります。


洗顔

毎日の肌の調子にあわせて、朝の洗顔は「ぬるま湯のみ」「Tゾーンのみ洗顔料」「洗顔料」と分けるようにしましょう。ミルクタイプがおすすめです。


化粧水

バリア機能を高め、保湿のケアがしっかりと行ないましょう。アルコールフリーの保湿化粧水をたっぷり角質層のすみずみまで送り届けましょう。3~4分のコットンパックもおすすめです。


美容液

セラミド・NMFが不足しがちな肌質です。保湿美容液をたっぷりつけてください。


乳液

肌をやわらかくして水分を保てるお肌にするために乳液はつけましょう。軽くマッサージをしても良いでしょう。


クリーム

今まで入れ込んだ栄養成分を封じ込めるためにクリームは必須アイテムです。自分自身の自然治癒力を高めていくケアも同時に行っていきたいので、つけすぎず小豆粒大くらいの量を手のひらにとり、手のひら全体で伸ばしたああと顔全体に押し込めるようになじませてください。乾燥が気になるようであれば、目と口周りに重ねづけしてくださいね。

お正月の不規則肌荒れ

好きなときに眠れて、好きなときに起きていい正月は、
その気ままさの裏でお肌にダメージを与えてしまうこともあります。
女性の美肌に一番良い就寝時間は22時から12時までだと言われています。
それは23時から午前2時までの間にノンレム睡眠になっていることが、
皮膚の新陳代謝を活発にする成長ホルモンの分泌を促してくれるからです。
成長ホルモンとは、お肌の活性化、脂肪の燃焼 をしてくれるホルモンです。

一番出ているのが、実は運動後の安静時。
例えば筋肉ストレッチ20分⇒ヨガ20分⇒ゴロンと安静20分・・・の、この安静時20分でどっと出るのです。

で、二番目に多く成長ホルモンが出るのが、睡眠時 。
23時から2時までの間に熟睡していることと、
適正な枕や姿勢で深い呼吸でたっぷりの酸素が供給されていることが条件になります。

良い睡眠は美を運んで来てくれる訳ですね♪

お正月のあいだ就寝が午前2時を過ぎてしまったとか、
逆に一日中眠っていましたという方はできるだけ早く元の生活時間に戻し、お肌のお手入れを始めましょう。

簡単なお肌のトリートメント方法としては
手持ちのクリームに美容液やローションをまぜて、お肌の上でくるくるとする、セルフエステがオススメです。

2~3分トリートメントしたら、レンジで30秒温めたホットタオルで蒸してからそのままふき取ります。
バスタイムに湯船につかりながらするのも、温かなお湯の蒸気がスチームになってくれて効果が高まります。
湯上りにはたっぷりのローション使ってローションパックを。
私たちが日中起きている時間が長ければ長いほど、お肌の疲労も溜まります.。
夜更かしの多い正月後のお肌。
しっかり優しくケアしてあげましょうね。

目元のしわの改善方法

目元のしわを改善させるためには、目元に水分を補給することが大切です。

そのためには、美溶液がポイントになります。

洗顔後には化粧水をたっぷりとつけて、肌を整えます。

そうして、細胞の道筋を作って美溶液が肌に浸透しやすくします。

化粧水や美溶液をコットンにたっぷりと含ませて、パックするのもオススメです。

美溶液をつけた後には、水分が逃げないようにクリームか乳液でフタをします。

次は、化粧水や美溶液の効果的なつけ方です。

目の下のちりめんジワは、水分不足が原因です。

そのため、片方の手でシワを伸ばしながら、もう片方の手の指先で美溶液やアイクリームをトントン叩くように入れていきます。

一方、カラスの足跡と呼ばれる目尻のシワは、水分と油分の両方が不足しています。

そのため、朝には美溶液を夜にはアイクリームを、目尻を引っ張りながら優しくすり込みます。これらを根気良く続けていきます。

また、最近注目を集めているのが、レチノイン酸によるシワ治療です。

レチノイン酸は、ビタミンAと同じような成分で、肌のターンオーバーを促進させ、エラスチンやコラーゲンの生成を補助します。

その結果、しわを改善することが可能になると言われています。


マイクロコラーゲン アイリフトアップで目元のシワを解消!

マイクロコラーゲン アイリフトアップを知っていますか。

目元専用の本格的コラーゲン導入クリームであり、「瞬時にしわを伸ばして、肌を持ち上げる」と評判のクリームです。

インターネットの口コミ情報でも、目元のシワが薄くなった気がするとか、目元がふっくらした感じとかいった口コミがたくさんあります。

マイクロコラーゲン アイリフトアップには、下記の3つの機能があります。

①美顔機能

②スキンケア機能

③ハイライト機能

美顔機能においては、「セラミド形状記憶ネット」が特長です。

瞬間ストレッチ効果で柔軟性があり、弾力性に富んだ柔肌を再生し、しわを持ち上げ、水分を保持します。

スキンケア機能においては、「マイクロコラーゲン」と「増加型ヒアルロン酸」が配合されることによって、表皮の奥深くまでコラーゲンを浸透させたり、皮膚水分量を増やしたりすることで、しわの改善に効果的になっています。

そして、ハイライト機能においては、拡散パウダー配合で、くすみがちな目元をパッと明るくするハイライトとしての効果が期待できます。

マイクロコラーゲン・アイリフトアップを、目元に塗って1~2分待ってください。

すぐに、効果を実感することができますよ。

目元のしわ対策の方法

笑いじわと呼ばれる目元のしわは、目尻からこめかみにかけて放射状にできるシワのことです。

この目元のしわを少しでも和らげ、これ以上深く刻まれないようにするにはどうしたらよいでしょうか。

何よりも大切なのが、紫外線を浴びないようにすることと目元にたっぷり水分を与えることです。

日焼け止めを利用するのはもちろん、サングラスをかけたり日傘や帽子をつかうなどして、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

目元専用のクリームを使ったり、水分保持力の高いヒアルロン酸配合の化粧品を利用するなどしてみてください。

大きめのシートやコットンに、美溶液をたっぷりと含ませて、5分~10分目の下に乗せて置いてください。

美溶液が吸収しやすくなって、肌がふっくらとしてきます。

化粧水などで水分を補給した後は、クリームをつけて水分が逃げないようにしましょう。

こうすることで、効果が確実なものになります。

ただし、目元の皮膚はとても薄いので、擦りすぎたりしないように注意してください。

しわ予防にマッサージをする人もいますが、エステティシャンのような専門家でない限り、目元のしわの場合は止めておく方が無難です。

しみ、くすみ について

しみ と くすみ についてご存知でしょうか?
どちらも加齢や、ストレス、紫外線などの外的要因などから生じやすく、 しみ、くすみ の原因が共通することもたくさんあり、ケアも共通する部分があります。

しみ と くすみ の原因を簡単に説明します。
「しみ」の原因は紫外線などが刺激となってメラノサイトという細胞に「メラニンを作れ」という指令が出ます。通常の肌ならば、角化(ターンオーバー)という肌の生まれかわりにより、メラニンを含んだ古い細胞は剥がれ落ちるのですが、加齢や、ストレスがかかると、老廃物を排出する力や、血行が鈍くなるので、そこにメラニンを含む古い角質などがたまり、「シミ」と呼ばれる肌トラブルとなります。

一方、「くすみの原因」は、血行不良、角質肥厚、乾燥などです。
パソコン、テレビゲームなどの普及や、ストレス社会、冷え症をつくる環境などの様々な要因で、以前にも増して くすみ悩みが増加しています。
ここで、しみ と くすみ の原因に共通するのが、角化(ターンオーバー)の乱れです。これを正常化させることが 美しい肌の基本になりそうです。
ちなみに、質の良い睡眠や、ストレス回避、マッサージなどのケアが対策になりそうです。

肌のくすみについて

肌のくすみは人を年齢以上に老けさせて、不健康に見せてしまいます。


くすみ肌専用の化粧品などが販売されていますが、まずは、自分ができる範囲で、身の回りの改善が必要です。



それには、生活習慣の見直しや、今までのケアの見直しが含まれます。



肌のくすみの最大要因は なんといっても、血行不良です。疲労、寝不足、ストレス、ダイエット、喫煙などの悪要因が重なった結果、起きやすくなります。



また、冷え症の女性が増え、血行不良における肌くすみが増えています。



この対策方法として、自宅で簡単に実行できる事をご紹介したいと思います。



洗顔後、熱いタオルと冷たいタオルを交代して顔にのせるオリジナル蒸しタオルパックです。


電子レンジを利用すると簡単に蒸しタオルを作ることができます。


毎日、実行することで、毛細血管の流れをスムーズにし、栄養素がいきわたりやすくなり、綺麗な血液が流れます。肌のくすみと同時に浮腫解消にもつながるため、美しい肌づくりに、おすすめの方法です。


お金を賭けずに、健康で、若々しくなれる努力をしましょう!
プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。