スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くすみ対策とは!?

くすみ対策は様々です。日常生活の改善である程度解消できることもあるので、

日頃、寝不足や、運動不足、栄養の偏った食事など、思いあたることがあれば、

身の回りの生活習慣改善をまず、してほしいと思います。



油断ならないくすみゾーンは目まわり、小鼻周辺、頬などの高い部分などです。


これらはくすみの生じやすい三角ゾーンと呼ばれています。



それぞれの部位に合わせた適切なくすみ対策が必要です。



また、くすみは自分でも知らぬうちに進行しているものです。



セルフチェックとして再度、鏡で自分の顔を見てみましょう。シミソバカスが増えた、毛穴が開いている、顔色が赤黒い、青っぽい、茶色いなど思いあたる点があれば くすみ肌の危険があります。


現在のスキンケアの見直しをしましょう。くすみを感じる年齢は早くて20代頃からです。間違ったスキンケアや、生活習慣、食生活の乱れなどによって人それぞれです。


くすみ対策の基本は生活習慣の見直しが基本となり次に化粧品や、皮膚科治療などを併用させるのがベストでしょう。また、自分の肌質(オイリースキン、ドライスキンなど)をしっかり把握してピッタリのものを選びましょう!
スポンサーサイト

黄くすみとは

黄くすみの悩みは黄色人種である日本人には多いようです。



血流低下などで顔色が冴えなかったりすると、黄黒く見えたりもします。



また、黄くすみが肝臓などの疾患から起こることも稀にあるので、顔だけでなく、首や、腕なども黄色く、くすんでいる場合は内科を受診するなどしましょう。



黄くすみの原因に、血行不良や、メラニン沈着などが考えられますが、顔以外にも首などもくすみやすい部分なので、顔と同じようにケアしてあげるのがコツです。とはいってもネック専用の化粧品などを使用する必要はなく、顔で使用した余り程度をついでに首元に馴染ませる程度で良いとおもいます。



また、黄色くすみの原因はスキンケアというよりは、下地や、ファンデーションなどの色が微妙に合っていないことで起こりやすいようです。


ファンデーションを明るめの赤みの混ざった色に変えたり、パープルや、ピンク、ときには、ブルー系などのコントロールカラーを加えたりすのるのも黄くすみ対策になります。


最近では下地とコントロールカラーが一体になったタイプもあり、簡単に仕上げることができます。黄くすみはスキンケアとファンデーションテクニックの両アイテムで解消しましょう。

くすみ解消方法とは?

くすみの解消方法はいくつかあげられます。


1番の原因とされる「血行不良」によるくすみは 血液の流れをスムーズにすることが大切なので、

運動や、代謝促進マッサージなどが効果的です。 また、女性に多い冷え症は血行不良の

最大の原因なので、体を冷やさない食事や、服装に気を配ることも大切です



次に多い色素沈着による、くすみ解消方法は美白成分の入った化粧品や、サプリメントなどを使用することで効果が期待できそうです。この場合、シミの大きさや、できた年数により効果が実感できる時期が違うという事を念頭に入れておきましょう。意外にも美白の効果は個人差があり、根気のいるケアなのです。



また、くすみ解消には潤い低下によるものもあり、年齢を重ねるにつれて 肌に透明感がなくなり、どんよりと濁って見えるのです。



潤い補給(化粧水)だけでなく、水分を逃がさないお手入れ(乳液、クリームなど)も忘れてはならない部分です。最後に大切な点は、肌タイプに合わせたスキンケアを使用することが重要で、間違ったスキンケアを続けてしまうと、くすみ解消どころか、逆に悪化させてしまう事にも成り兼ねません。

くすみの原因とは!?

くすみの原因はいくつかあります。
血行不良によるものが8割ほどを占めるようです。これは 冷えや、寝不足、代謝不良が原因で、毛細血管にうまくきれいな赤い血液が流れないために起こりやすくなります。

つぎに、くすみの原因として考えられるのが、メラニン沈着です。日焼け後のシミやソバカスが改善されないまま蓄積されることが主な要因となります。

またメラニン沈着は背中にきびの原因にもなりますので合わせて対策して行きたいですね。

メラニン沈着は日焼け以外にも、妊娠、出産、加齢など、ホルモンバランスの変化などでも症じます。

最後に、他にもくすみの原因はあります。潤い低下により、角質層が固く、はりや弾力低下によって影ができやすくなるなど様々な悪い要因があります。
これらの原因はひとつだけの場合もあれば いくつかが重なる場合もあり、対策や、解消方法もそれぞれ違うので、自分のくすみの原因が何であるかを認識することが大切です。
また、自分の使用する化粧品がくすみのニーズに合っていないと、いくら高級な商品を使っていても効果を実感することは難しいでしょう。また、生活習慣の見直しをするだけでも、ある程度のくすみ解消にはなるはずです。

健康、美容、ダイエットに必要なビタミン

不規則な食事や毎日のお酒・喫煙を続けていると
慢性的なビタミン不足をまねいてしまいます。

という私も深夜まで続く残業、不規則な食生活がたたり、
ある日シャワーをしていると腕に身におぼえのないあざができていたり・・・

これは典型的なビタミンC不足による症状です。

ビタミン



ビタミンでダイエット効果

脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きのあるビタミンB2を十分にとると、ダイエットの効果が望めます。

ここで注意してほしいのは、ダイエット中に米やパンなどの食事制限をすると、ビタミンB1、B2不足を起こしてしまうことです。

その場合はビタミン剤などでB群の補給するようにしてください。

また肌のかさつきや目の異常を感じた時にはビタミンAの不足が考えられますので、チーズや乳製品といったビタミンAを豊富に含んだ食品をとるようにしましょう。



若返りのビタミン

ビタミンEは、若返りのビタミンとして知られます。 これはビタミンEのもつ血液の粘度を下げる働きにより、血液循環を良くし血管を健康な状態に保つ効果があるからです。

これにより動脈硬化の防止や、慢性的な手足の冷え・いらいらといった更年期障害に見られる症状をやわらげる働きがあるとされます。


お酒好きに必要なビタミン

お酒をよく飲む人で、お酒ばかり飲んできちんとし食事をとらない傾向のある人はビタミンB群が不足しがちとなります。 そのなかでも特にビタミンB1に注意をしてください。

というのもアルコールを肝臓で分解する過程において
ビタミンB1が使われるからです。

お酒を飲む時には、卵やピーナッツ、
レバーなどビタミンB群を豊富に含む食べ物を積極的にとるようにするとよいでしょう。

妊娠中のビタミン補給

妊娠中は鉄分やカルシウム以外にビタミンも十分にとる必要があります。 子供の骨格を形成する時にカルシウムが必要となりますが、カルシウムを充分に取り込むためにはビタミンDが必要となります。

ビタミンDは、太陽を浴びた時に皮膚で合成され、一般に不足しにくいビタミンとされますが、妊娠中などは注意が必要となります。また赤ちゃんの血液(赤血球)をつくるのに多くの鉄分が必要です。 そして鉄分の吸収にはビタミンCが必要となるので、ふだんより多めにビタミンCも摂るように心がけましょう。

しわの予防対策・改善策

「しわ」を作りにくくするための予防や、出来てしまってからの対策・改善策
としては先に述べた原因の影響を解消してあげる必要がありますので、
それぞれに対応する毎日のケアが欠かせません。


肌のハリや弾力を保つ【コラーゲン】や【エラスチン】などの成分は、
加齢に伴い少なくなりますので、それらの成分を含む食べ物や
サプリメントなどから摂取して、積極的に補給してあげる必要があります。


毎日のスキンケアやお手入れしわを引き起こす大きな外的要因として挙げられる
【紫外線】対策としては、外出時などには必ず紫外線をカットする
日焼け止めクリームなどを塗るなど、最低限のお手入れは必須であると
心掛けておきましょう。また、毎日のスキンケアやお手入れの際以外にも、
出来るかぎりお肌の乾燥は避けるべきで、
十分な保湿をしてあげる必要があります。


本格的な「しわ」の治療方法また本格的な「しわ」の治療方法として、
整形外科や専門のクリニックなどでは、
【ヒアルロン酸】や【ヒューマン・コラーゲン】などといった成分を
シワの気になる部分へ注入することで改善したり、

おでこや眉間などにできる【表情じわ】と呼ばれる種類のシワに対して、
筋肉を弛緩させる作用を利用して解消する【ボトックス注射】が効果的とされており、
実際に多くの人が治療を受けている実情があります。

目のしわ改善方法

歳とともに、目の下のしわは気になるものです。



若い頃はあまり気にしていなくても、目の下にしわがあるの無いのでは、顔の印象が全く違います。
私は30代前半の女性ですが、ここ数年、目の下の手入れをするようになりました。

目のシワ


20代の頃は、目の下のしわなどは、全く気にしなかったのですが、

最近は、やはり、気になりだしました。



目の周りの皮膚は、卵の薄皮と同じくらい薄いとも言われるくらい薄い部分です。

そして、目の周りの皮膚は、目が動くたびに、瞬きをするたびに動くので、顔の中、もしかしたら、

体の中で、一番駆使されている部分であるかもしれません。それと同時に、一番、人目につく部分でもあるのです。



どんなにアイメークをばっちりして、化粧をばっちりしても、目の下のしわがあったら、なんか老けてみえるものです。



私も、そういう女性を何人か見てきました。

若い女性でも、結構、目の下にしわがある女性がいるんです。

そしたら、なんか、ばっちりした化粧も、くすんで見えるものです。

目の下のしわは、目の下のくすみにもつながります。



なので、目の下はちゃんと気をつけて手入れしましょう。



目の下をしかり手入れして、目の下のしわをなくすと、あなたの印象がまったく違いますよ。



肌も美しく見えますし、若若しく見えます。



では、目の下のしわの対策、改善方法についてです。

目の下のしわの対策、改善方法は様々ですが、まずは自分にあった方法を見つけるのが大事です。

そのために、自分の目の下のしわがどのようなものであるか、を見極める必要があります。



まず、目の下のしわが軽いものであるか、強いものであるか、というところが重要になります。



目の下のしわが軽いものであれば、自分でできるスキンケアである程度の対策、改善は可能です。

しかし、もしもしわが深く強くなっている場合は、美容整形などで施術を受けるという方法もあります。


でも、ある程度、自分で手入れすると、目の下のしわは改善するので、まずは、自分で手入れしてみましょう。



自分でできる目の下のしわの対策、改善としては、肌を乾燥から守るというのが最も重要です。

しわの原因は乾燥が大きく関連している場合が多いので、乾燥対策は、目の下のしわだけでなく、

顔全体のしわ対策のもとても大切な事です。。目元を乾燥から守るクリームや、

具体的に言うと水分バランスを取り戻し維持するワイルドバージンエキスという成分を含んだ化粧水関連商品等もたくさんあります。最近は、ドラックストアや、化粧品売り場に行くと、目の下専用の美容液を良くみかけます。



色々試してみて、自分の肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。


化粧水やクリームなどの目の下のしわ対策グッズをうまく利用して、目の下のしわの改善、

対策をすると良いでしょう。最近では、レーザー光線で皮下のコラーゲンを増やし、

肌の張りを取り戻す方法もありますが、自分で出来るのは目元への保湿です。



美容液をたっぷりと含んだ薄くフィットしやすい大きめのシートやコットンを5~10分間目の下にのせていると、

肌にさらに密着し美容液が吸収されていきます。



ふっくらとしてしわも目だたなくなるので、とてもおすすめです。



目の周りは顔のほかの部分に比べて皮膚が薄いため衰えやすく、年齢とともにシワやたるみができやすい部分です。特に目の下の部分は、細かいシワや目袋といわれる袋状のたるみになりやすく、ふけたイメージに見られがちです。中国の人は、特に、この目の下の目袋を老化の現象としてとらえているようです。



さあ、今日から目の下のしわの対策をしっかり行って、美しい目元を目指しましょう。



なにも高い化粧品を使う必要はありません。



もし、予算があるならば、高い化粧品を使うにこした事はありませんが、毎日手入れをするだけでも随分とちがいます。



なので、続けられる範囲で、目の下のしわを丁寧に手入れをしていくと、だんだんしわも改善されていくでしょう。



あと、紫外線は、乾燥を招きますし、お肌の大敵です。白内障の原因にもなります。



外出する時は、日焼け止めをしっかりつけて、メガネや、サングラスをかけて目を保護するようにしましょう。目の保護は、目の周りの肌の保護にもなしますよ!



とにかき、美容は、日々の小さなケアの積み重ねが大切です!

ヒアルロン酸とは!?

ヒアルロン酸とは、私達の体の細胞と細胞の間にあり、細胞同士を結びつけたり、

外からの衝撃を吸収するクッションの役割をする成分です。



このヒアルロン酸は保水性が高く、水を吸収すると粘り気がでて、

体の機能を円滑にして健康を維持したり、ハリのある肌を作るなど、

美容の面でもとても大切な成分です。



もし、ヒアルロン酸が大量に不足すると、肌のハリが無くなるだけでなく、膝の関節が痛くなったり、

眼が乾燥するなどいろいろな症状が起こってきます。



最近では、美容に良いということで、化粧品の成分としてクローズアップされていますが、

ヒアルロン酸には次のような特徴があります。



ヒアルロン酸の分布


ヒアルロン酸は、細胞同士を結びつけるために、体のいたるところに含まれています。

特に多いのが、皮膚や眼、関節などです。皮膚では肌の乾燥を防ぎ、ハリやうるおいを与え、

眼では眼球を守る働きをしています。



また、膝や腰、肩などの関節では、関節を動かすときの潤滑油になって、

スムーズな動きができるようになっています。



抜群の保水力


ヒアルロン酸は、ムコ多糖類と呼ばれる物質の仲間で、ヒアルロン酸自体の約6000倍もの水分を、

貯える能力があります。



これは、ヒアルロン酸1グラムで、約6リットルの水を貯えることができる、とてもすぐれた力です。

指先ほどのほんのわずかな量で、ペットボトル(1.8リットル)3本以上の水を貯えられるのは、

ちょっと驚きではありませんか!



ヒアルロン酸と同じような働きがあるものに、「コンドロイチン」もあります。

このコンドロイチンもムコ多糖類の仲間で保水力が高いのですが、ヒアルロン酸にはかないません。



成長するにつれ減少するヒアルロン酸


ヒアルロン酸は、お母さんのお腹にいる胎児のときに、一番多く体内に含まれています。

しかし、生まれてから少しずつ減り続けて、成人になると胎児のときの1/3~1/4まで減少するといわれています。



赤ちゃんの肌は、とてもみずみずしくてハリがありますね。”ほっぺ”を指で触れただけでも、

すごく弾力性があります。



肌のハリや潤いに関しては、赤ちゃんに勝ることは、できないといってよいでしょう。

これは、ヒアルロン酸が体内に非常に多く含まれているからなのです。



ヒアルロン酸は体内でも合成されるのですが、成長するにつれて、合成量よりも減少量の方がだんだん多くなるので、結果的に体内の含有量が減ってしまうのです。



ヒアルロン酸の減少を止めるには、食品やサプリメントから摂る方法があります。

ただ、ヒアルロン酸が含まれる食品は、豚足や鶏の皮、鶏のトサカなどごく限られています。

そこで、ヒアルロン酸を含んだサプリメントや化粧品が、いろいろ販売されているわけです。



栄養素の運搬


ヒアルロン酸には、細胞の結合やクッション材という役割の他に、全身に栄養を運ぶ役割もあります。



食べ物から摂った栄養は、消化吸収されて血管で運ばれますが、

血管から受け取った栄養を各細胞に直接届けるには、その通り道が必要になります。



この通り道の役割をするのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、大量の水分を含んでいるので

、その水分の中を通って、栄養が細胞に届けられる仕組みになっています。

(毛細血管は、体中に張り巡らされていますが、細胞1つ1つまでは伸びていません。)

乾燥肌のケア

乾燥肌のケアには、保湿が大切です。

1日に数回、尿素やワセリン、セラミドを配合した保湿剤を塗ると効果的です。
セラミドというのは、角質細胞間の脂質の成分です。



このセラミドと、角質層の細胞の中の天然保湿因子であるアミノ酸とで、
肌の水分が守られています。年齢とともに、新陳代謝が衰えてきて、
セラミドの量が減ってきて、隙間があいてきます。




ですから、肌にセラミド入りの保湿剤を塗ると、
うるおいをキープできるのです。 





部屋が乾燥していると、肌も乾燥してしまいます。

ですから、加湿器をおいてケアしましょう。
冬場やエアコンが効いた室内は乾燥しやすいです。


湿度は50%から60%に保つようにします。
ストレスをためない生活をするのも、大切です。
ストレスは、いろいろな病気の元となります。
ストレスをためずに、健康的な体を保つことが、
乾燥肌、ひいては病気対策というケアにもつながります。





乾燥肌について言うと、ストレスをためていると、新陳代謝の働きが鈍くなります。
寒さによっても新陳代謝の働きが鈍くなることが確認されていますから、
冬という季節自体、乾燥しやすい状況が整っているのですね。



肌は、水分と油分がバランスよく分泌していると膜が作られて、
水分が蒸発しにくい状態となります。新陳代謝の動きが弱まると、
当然この膜も、上手く作れなくなってしまいます。



ストレスをためないことは大切なのです。

乾燥肌のケアのために、ストレスをためない生活を心がけましょう。
規則正しい生活を心がけ、しっかり睡眠をとることも重要ですね。

毛穴の黒ずみ対策

黒ずみの原因がいろいろとありますから、原因ごとの対策が必要になります。
毛穴の黒ずみの原因は、皮脂が酸化することです。

feice.jpg


毛穴の対策をしようにも、原因が分からなくて結構悩んでいる人が多いようですね。
私も、年齢的なものから鼻の毛穴が黒ずんで仕方なかったので、毛穴 対策をどうしようかと、ネット検索をしてみましたが、いろいろな対策や方法、毛穴の黒ずみ解消法が紹介されていますね。

毛穴 対策と題して、毛穴 解消法もいろいろと紹介されています。

皮脂の分泌を抑制するためには、生活習慣を改善することが第一。

毛穴の黒ずみが睡眠不足や偏食によっても起こることは知っていましたか。

偏食をやめ、栄養バランスのとれた食事と健康管理には十分に気をつけて、
体の内から健康になるようにすれば、毛穴改善することができて、
素肌もきれいになります。

毛穴の黒ずみ対策は、日ごろのスキンケアで顔の毛穴にできた皮脂を取り除くため、
洗顔石けんを使ったり、クレンジングで洗い落としたりします。

ここで注意点は、洗顔料を間違うと反対に黒ずみを助長することにもなりますから、肌にやさしいものを選びましょう。

そばかすとは!?

そばかすは、漢字で書くと”雀卵斑”と書きます。そばかすは、雀の卵のような色と斑点であることから、

このような漢字が使われるようになったようです。
そばかす


そばかすは、白人の人で髪の毛が赤毛や金髪の人のように、体の色素が薄い人によく見られます。



一般的に色白で肌を日光で焼いても、赤くなるだけで黒くならない肌の人にできます。

そばかすの多くは、優性遺伝だと言われていて、幼児期から発生する人もいます。



そばかすは、シミと同じく紫外線が一番の原因で、メラニン色素が色素沈着してできたものです。



肌の組織は、表皮と真皮に分かれていますが、紫外線が当たると、

表皮の一番下の基底層のメラノサイトという色素形成細胞が刺激され、

真皮にある肌の核を守ろうとして、メラニン色素を作りだすのです。



メラニン色素は、通常、肌のターンオーバー(約28日周期で行われる肌の生まれ変わり)で自然と剥がれてしまいますが、ターンオーバーが高齢などを理由に遅れがちになったり、メラニン色素が発生しすぎてターンオーバーが間に合わなくなってくると、メラニン色素が肌に残ってしまい、色素沈着を起こしてしまいます。



これがそばかすになるのです。



そばかすは、紫外線から肌を守るために作られていたのです。そばかすができる人は、

優性遺伝で、紫外線に当たると、シミではなくそばかすができます。

そばかすが一度できると色は薄くなっても、なかなか消えません。



しかし、紫外線が当たると、そばかすの色が益々濃くなって、目立つようになってしまいますので、

日頃から日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策をすることが大事です。



また、メラニン色素は、過剰に活性酸素が発生するとメラノサイトが刺激を受けて、たくさん作り出されてしまいます。活性酸素が多く発生すると言われる、疲労やストレス、睡眠不足、食品添加物、ミネラル・ビタミン不足などにも十分に気をつけるようにしましょう。

シミの種類

シミと一口に言っても、色々な種類があり、でき方や色も様々です。

シミ対策をきちんとするために、自分のシミの種類についても知っておきましょう。

シミの種類



<シミの種類>


・肝班 ・・・ 額や頬、目や口の周辺に左右対称にできる褐色のシミで、女性に一番できやすいシミです。肝班は、日焼けが元でできることが多いのですが、妊娠した時や更年期、婦人科のトラブルがある時もできやすいようです。


・炎症性色素沈着 ・・・ 化粧品にかぶれたり、やけどやにきび、アトピー性皮膚炎など、皮膚に炎症が起こった時にできるシミです。炎症がおきると活性酸素が発生し、それが原因でメラニン色素が大量に作りだされます。そのメラニン色素が肌のターンオーバーで剥がれずに肌に残り、色素沈着したものが炎症性色素沈着です。


・老人性色素沈着 ・・・ 若い頃から浴び続けた紫外線が、老化により肌が変化したことで一斉に表面に現れきて、シミになったものです。若い頃から、たくさん日焼けをした人ほど、できやすいシミで、早い人は20代からできる人もいます。

・花弁状色素班 ・・・ 海水浴などでひどく日焼けをした時などにメラニン色素が過剰に発生してできるシミです。豆粒大のものが背中から肩にかけてできます。日焼けをしてから、1ヶ月?3ヶ月後にできることが多いようです。

・摩擦黒皮症 ・・・ ナイロン製のタオルや洗顔用のブラシなどで強くこすることを続けていると、できてしまうシミです。顔以外のところに出ることが多く、治療しても治りにくいシミです。

・女子顔面黒子症 ・・・ 老化や更年期の影響などで、卵巣の機能に障害が起きた場合にできるシミです。

・ベルガモット皮膚炎 ・・・香水やオーデコロンをつけた部分が、日光に当たって炎症を起こして、その後、シミが残ってしまいます。

シミの原因

肌にシミができてしまって、もう消えないと思って諦めてはいませんか?シミは確実に薄くできますし、ケア次第で無くなってしまうこともあるのです。

シミを無くすケアのためには、まず、自分の肌にどうしてシミができてしまったのかをきちんと把握しすることが必要です。原因が分からなければ、シミ対策のしようがありませんね。やみくもにケアをしても、効果が出ません。


<シミができる主な原因>


紫外線 ・・・ シミができる原因で最も多いのが紫外線です。紫外線が肌に当たると、メラニン色素が作り出されて、肌を守るために肌を黒くします。通常は、肌のターンオーバーでメラニン色素は剥がれて無くなりますが、過剰にメラニン色素が作り出されたり、肌のターンオーバーが正常におこなわれなかったりすると、メラニン色素が肌に残り、シミとなってしまいます。

日焼けした後にシミができてしまうのはこのためです。紫外線のせいでシミができやすい部分は、日光が当たりやすい頬骨の辺り、目の周辺、口の周辺、額やこめかみの髪の生え際など。夏に海水浴をして、大量に紫外線を浴びると、肩にシミができたり、体全体にシミができてしまう人もいます。


女性ホルモン ・・・ 女性ホルモンバランスがくずれ、働きが弱くなってくると、シミができやすくなります。主に眉の上周辺にシミができやすくなるようです。また、子宮系の異常、弱まりが原因で目の周辺にシミができることもあります。そして、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが多く分泌されると、シミができやすくなることがわかっていますので、ピルなどホルモン剤を服用している人は要注意です。


ストレス ・・・ ストレスが貯まると肌に影響が出やすく、肌のターンオーバーも狂いがちになります。また、ホルモンのバランスが崩れたり、肝機能なども弱まって、シミができやすくなります。このような場合が、頬骨の辺りやおでこの中心にしみができやすいようです。


内臓のトラブル ・・・肝臓、すい臓、腎臓など、内臓のどこかにトラブルがあると、シミができる場合があります。眉間や頬の外側にシミができたら、内臓にトラブルがあることを疑いましょう。そして医師の診断を受けることおすすめします。また、宿便が貯まっていると、鼻筋にシミがでることがあります。


自律神経 ・・・何らかの原因で自律神経が乱れると、口の周辺にシミができやすくなります。鼻の下にシミができて、ひげのように見えてしまうことも。


加齢 ・・・加齢と新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーが遅れがちになります。ターンオーバーが遅れてくると、メラニン色素の生成に肌の再生が間に合わなくなり、シミが多く発生していまいます。


過剰な刺激 ・・・ニキビをつぶしたり、ナイロンのタオルなどで強く擦ったりすると、肌が炎症を起こし、活性酸素が発生します。その刺激でメラノサイトが反応しメラニン色素が生成され、シミの原因になることがあります。


食べ物 ・・・レモン、ライム、などの柑橘系やパセリ、セロリ、イチジクなどにはソラーレンという物質が含まれていて、大量に食べてから日光に当たると、シミができやすくなります。


シミはこのように様々な事が原因でできてしまします。海に行ったりテニスなど屋外でスポーツなどをする人にできるシミの原因は、恐らく紫外線によるものです。そして、これと言って思いあたることもないのにシミができてしまったという人は、体の中に原因があると思われます。自分のライフスタイルや体の状態をよく観察して、自分のシミの正体をつきとめましょう

なぜシミはできるのか

顔のあちこちにいつのまにかできてしまっているシミ。

シミは、メラニン色素 が肌に沈着してしまってできる薄い黒色をした斑点です。
シミでお悩みの方も多いことでしょう。

シミはどうしてできてしまうのでしょうか?

紫外線が肌に当たると、肌は大きなダメージを受けます。

その紫外線から肌を守るために 放出されるのが、メラニン色素なのです。

メラニン色素は、肌を黒くするので憎まれ役ですが、
実は紫外線を吸収して肌を守る大きな役割があったのです。

肌の組織は、大きく分けると表皮と真皮に分けられます。

表皮の一番下の部分である基底層に、色素形成細胞のメラノサイト が存在しています。
紫外線が肌に当たると、大量の活性酸素が発生してメラノサイトを刺激します。

すると、メラノサイトは真皮にある肌の核を守るために黒い色をしたメラニン色素を作り出します。

メラノサイトから放出されたメラニン色素は、
徐々に肌の表面に浮上していき、肌を黒くして紫外線から肌を守ろうとします。これが日焼けをした状態です。

通常ですと、約28日周期 で行われる肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によって、メラニン色素は自然と剥がれ落ち、肌は自然と元の色に戻ります。

しかし、肌の新陳代謝が悪く、ターンオーバーが上手くいかないと、メラニン色素が肌の顔のあちこちにいつのまにかできてしまっているシミ。



シミは、メラニン色素 が肌に沈着してしまってできる薄い

黒色をした斑点です。シミでお悩みの方も多いことでしょう。



シミはどうしてできてしまうのでしょうか?



紫外線が肌に当たると、肌は大きなダメージを受けます。



その紫外線から肌を守るために 放出されるのが、メラニン色素なのです。



メラニン色素は、肌を黒くするので憎まれ役ですが、実は紫外線を吸収して肌を守る大きな役割があったのです。



肌の組織は、大きく分けると表皮と真皮に分けられます。



表皮の一番下の部分である基底層に、色素形成細胞のメラノサイト が存在しています。



紫外線が肌に当たると、大量の活性酸素が発生してメラノサイトを刺激します。

すると、メラノサイトは真皮にある肌の核を守るために黒い色をしたメラニン色素を作り出します。



メラノサイトから放出されたメラニン色素は、徐々に肌の表面に浮上していき、

肌を黒くして紫外線から肌を守ろうとします。これが日焼けをした状態です。



通常ですと、約28日周期 で行われる肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によって、

メラニン色素は自然と剥がれ落ち、肌は自然と元の色に戻ります。



しかし、肌の新陳代謝が悪く、ターンオーバーが上手くいかないと、

メラニン色素が肌の所々に残り、色素沈着を起こしてシミになってしまうわけです。



メラニン色素を作り出すメラノサイトは、活性酸素に刺激をされて

メラニン色素を作り出すと言われています。活性酸素は、

紫外線の他にもストレスや睡眠不足、食品添加物、

ミネラル・ビタミン不足など、様々なことが原因で発生します。



これらが重なったりして、過剰に活性酸素が発生すると、

メラニン色素がたくさん作り出されてしまい、肌のターンオーバーも間に合わない状態になってしまいます。

そうすると、肌にたくさんのメラニン色素が残って、多くのシミができてしまうことに。。。



活性酸素は、本来は体にウィルスなどが進入しないように働くものですが、

過剰に発生すると、逆に体を酸化させ、シミだけではなく色々な病気の原因となります。



シミを作らない、増やさない、また健康のためにも、日頃から活性酸素を発生させないように気をつけましょう。

症状に合わせた乾燥対策2

肌が白っぽい(色白という感じではありません。弱々しい感じ。)
ハリが無い(皮膚というより皮があるだけに近いような・・・)



このように、明らかに何か不足してるだろう・・・。というような状況。
そこで、乾燥肌に関連の深い栄養素、ビタミンCについて調べてみました。



そうしたら、思った以上に必要だという事が理解できたんです。



ビタミンCは、肌荒れに効果的で、ハリのある肌に欠かせない栄養素のようです。



コラーゲンの合成を助けたり、鉄分の吸収を良くしたりする効果もあるようです。なので、ビタミンが不足すると、コラーゲンや鉄分が上手く作られない取り入れられないという事になってしまうんですね。



また、ビタミンCは、殆どの動物が自分の体内で生成できるのに、人やモルモット、他にも、サルなんかは、自分で作れないそうです。そうなると、ビタミンCは、食べ物やサプリメントで補ってあげないといけないんですね。



特に、皮膚の弾力性に必要なコラーゲンの合成。


コラーゲンとエラスチンの間にはヒアルロン酸がある事からも、ヒアルロン酸の保湿力キープの為に、コラーゲンが必要で、そのコラーゲンの為に、ビタミンCが必要だという事を理解しました♪



さすが、一番知名度の高いビタミンというだけの事はあります。



メラニン色素の生成を妨害するウィルスが居るらしいんですが、ビタミンCがそのウィルスをやっつけてくれる働きもあるそうです。なので、ビタミンCが不足すると、白髪が増えるのかもしれません。



まず、一日に必要な量は、男女ともに100mg。


ですが、血中に安定した濃度を保つことで効果的らしいので、毎日の食事に合わせて、一日3回、一回で50mg位摂る習慣がいいのかなと思います。何でもそうですが、栄養成分が、その量全てが体に吸収されるわけではないので、必要性の高い栄養素は多めに摂っておく必要がありますね。



その為には、150mg位はあってもOKですね。



ちなみに、風邪の時は、一回1,000mg位摂ると効果的という事なので、500mg位でも平気なのかなと思います。過剰症もないので、あれだけ色々なビタミンCを含んだ食品があるんでしょうね。



それじゃあ、どんな食材に多いのかと言えば、ダントツナンバーワンは・・・。



アセロラジュースでした!!



210gに250mgのビタミンCが含まれて居ます。アセロラジュースじゃなくても、果物を沢山食べるようになど出来ますが、果物って、結構高いですよね。スーパーで売られている値段を見ると、お弁当と同じくらいだったりするのを考えると、ちょっと手が出しにくい・・・。



そんな場合は、アセロラジュースが良いんでしょうね。


ネットで購入できるビタミンCサプリも探してみました。



ビタミンCのみを摂取しても乾燥は防げない

ビタミンCは、お肌の潤いにも欠かせない栄養成分として知られていますが、私も、アセロラジュースを意識的に飲むという事を行いながらその効果を確認してみたことがあります。結構、自分の体で色々と試してみることがあるのですが、あまり、色々なものを摂取しすぎると肝臓に負担がかかりそうなので、時には、肝臓に負担を少なくすることも大切だと思う今日この頃です。



少し脱線しまししたが、以前、アセロラジュースと野菜ジュースを、

毎日意識的に摂取してみたんですが、その効果は・・・。



あまり感じられなかった記憶があります。


期間にして、1ヶ月以上続けたので、変化があれば確実に肌に現れるはずなのですが、

乾燥肌具合は特に変わることがなく、肌のカサカサが良くなりませんでした。



結局、ビタミンCだけではどうにもならないという事がわかった経験だったのですが、それもそのはずです。コラーゲンという材料が不足していると、ビタミンCがいくらあっても役に立たないのですから。



ビタミンCは、コラーゲンを合成する働きがあっても、それそのものに肌の厚みを出す材料として働くわけではありません。あくまでも、サポート役なんです。なので、ビタミンCの摂取と同時にコラーゲンも意識して摂取しなければ、良くないという事です。



この辺りの情報は、もはや当たり前の理論となっていますが、実際はどうなのかを自分で試してみるというのも大切ですね。ただし、あまり体に負担をかけない程度に。



そんながっかりしていた時に見つけたのが、こちらのサプリメントです。



コラーゲンサプリメントの人気商品


最近、ビタミンCの摂取を意識して生活しているのですが、肌には、まだ効果が感じられません。

そこで、何が足りないのか調べてみたところ、コラーゲン不足の可能性がかなり高いように感じました。

実は、コラーゲン。



身体に必要度が高い栄養素だったんです。コラーゲンは、たんぱく質(アミノ酸)の一種なのですが、身体のアミノ酸のなんと30%も占めているというものなので、身体に欠かせません。



コラーゲンが不足すると、普通は、乾燥肌など肌の弱さが目立ちますが、それだけではなく、関節が硬くなるのもコラーゲンが不足しているサイン。乾燥肌で関節が硬いなら、男女問わず、コラーゲンが不足していると思われます。

その為にも、コラーゲンを意識して摂取する必要があるんです。



コラーゲンは、保湿や弾力を補う為にも、欠かせませんからね。できるだけ意識して、摂取したいですね。

症状に合わせた乾燥肌対策

冬の季節になると空気の乾燥とともにやってくる肌の乾燥。



秋のうちから、もはやこふきいも状態という人も少なくないはず。



私も、そんな一人でした。


今は、色々と食生活を見直したり、サプリメントを活用するようになって、

乾燥肌もあまり感じなくなってきましたよ。特に、ボディクリームなどは必要ないかなといったところです。



このサイトでは乾燥肌の原因を知って、ビタミンなどの栄養面の改善に効果的な食材やサプリメント、または、漢方などの情報も入れながら、季節になんて全く動じない!



ハリのある肌を手に入れるために欠かせない事をあらゆる切り口でまとめていきます。



私と同じ様に、乾燥肌の人にとって必見のウェブサイトに出来ればなって思ってます。



乾燥肌対策にはまずは原因から

乾燥肌を改善するには、まず、その原因を知る事が必要かなと思ったので、

自分の乾燥肌の原因を考えてみることにしました。



私の場合、子供の頃から乾燥肌で足のスネなんていつもひび割れしているような状態。


もしかしたら、先天的に保湿力が弱かったり、皮膚そのものが弱いのかもしれません。



乾燥肌は、表皮細胞が弱い事が関係しているようなので、そこをどうにか改善できれば、

冬も乗り切れるかもしれません。



それから、元々低体温気味なところもあり、血流量が絶対的に少ないことも関係しているように思います。



昔は、貧血気味でしたから。でも、貧血気味の女性だからと言って乾燥肌かと言えば、そうでも無いかもしれません。



でも、毛細血管から栄養や酸素を運ぶためにも鉄分は欠かせないので、

鉄分を多く含む栄養素を摂取する事が改善に繋がるかもしれませんね。



食事や飲み物で気になるのは、コーヒーをよく飲んでいるという事でした。



今は、肌の事も考えて、コーヒーから緑茶に切り替えたのですが、効果が有ったかもなって思います。



コーヒーは亜鉛の吸収を阻害する働きがあるらしいのですが、

亜鉛は、皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。これも、皮膚の代謝が悪くなる事で、寿命が着ている表皮細胞がそのままのこったりしたら・・・。



亜鉛不足で、乾燥肌だけじゃなく肌荒れも起こりそう・・・。


何度かトライして、今では、お茶だけあればいいかなぁという所まで達する事ができました!



ひとまず、私の乾燥肌の原因だった事として、先天的な事や、鉄分と血の影響、亜鉛と新陳代謝がキーポイントとなりそうです。



あとは、加齢によるヒアルロン酸などありますが、この辺りは、一般的な情報を参考にしていこうと思います。



乾燥肌に効果必須の栄養はビタミンC

栄養辞典を片手に、乾燥肌の対策方法について調べています。



私は、子供の頃から乾燥肌が酷く、顔はそうでもないのですが、肌がシワシワというか、ハリも艶も無い状態でした。



その頃は、体質だしどうしようも無いと思っていたのですが、その当時の常識が今とは違うことが、色々な研究でも明らかにされたことで、私も、本格的にしらべてみよう!と思ったんです。



なので、これからの情報も、私の乾燥肌の原因と取り組みがメインになると思いますが、乾燥肌で悩まれているなら、同じような症状だと思いますので、参考になれば幸いです。

健康な美肌るくりにはアミノ酸!

健康な美肌つくりに欠かせないのがアミノ酸です。

amino.jpg


アミノ酸とはよく耳にする栄養素ですが、実際にどのような働きがあるのかと
聞かれると分かりにくい部分もあるかもしれません。
実は、アミノ酸は人間の体のタンパク質を構成している物質で、私たちの体の
筋肉や骨・脳・内臓などのモトとなっているのです。


アミノ酸は天然のものとしては約80種類ありますが、9種類の必須アミノ酸を
はじめとして、私たちの体内には20種類のアミノ酸が存在しています。
アスパラギン酸やロイシン、イソロイシン、バリンなどの必須アミノ酸は
私たちの体にはなくてはならない成分で、体内での合成が不可能なため食品や
サプリメントなどで補充する必要があります。


健康な美肌をつくるためにアミノ酸が欠かせないといわれる理由は、
ひとつには「人間の体はアミノ酸でできている」ためです。
アミノ酸の働きのうち美肌つくりに関わっている部分だけを取り出しても、
次のようなポイントを挙げることができます。


・CAE…皮膚の表面のニキビのモトとなるアクネ菌などの雑菌を制菌する
・セリン、プロリンなど…潤いのあるみずみずしい肌をつくる
・アルギニン、システインなど…肌の再生や代謝を促す
・アルギニン、プロリン…肌を若々しくするコラーゲン生成に欠かせない
・アルギニン、PCA-Na…肌のくすみ解消、血行促進をサポートする
・アルギニン、システイン…肌の酸化を抑え炎症を防ぐ


アミノ酸はコラーゲン生成に欠かせない成分と聞くだけで、美肌つくりを
サポートする働きがあるのが分かります。
美肌つくりだけでなく疲労回復や脂肪燃焼などの働きのあるアミノ酸は
サプリメントなどで賢く摂取したいものです。

生野菜などサラダだけはNG!

肌に良い食べ物というのがTV番組などでブームになっていますよね。

お茶や野菜、油など数えきれないほどの食品が流行っては消えていきましたね。

定着するものが少ない、というところを見ると、
やっぱりそう簡単には効果は出ないものなのね
と思ったりしますが・・・。

では、本当に肌のためのよい食事とはどういうものなのでしょうか?


20代から30代の独身女性の食生活に関する問題点は、圧倒的に
「炭水化物に偏っている」ということと
「野菜といえばサラダか野菜ジュース」ということ。


炭水化物は、パンやおにぎり、パスタ、など女性の好みの食べ物は炭水化物を
多く含むものがたくさんありますよね。


生野菜も「太らない」というイメージがあります。
時間がない人は、炭水化物+野菜ジュースを利用している人も。


しかし、炭水化物はカロリーにはなりますが肌への栄養にはなりません。
また生野菜も体を冷やすことから太りやすく、セルライトもたまりやすい身体になってしまいます。


生野菜サラダに入っている野菜のほとんどはビタミンの含有量が少なく
体も冷やしがちですから、血行不良を起こし、肌に栄養が行き届かなくなってしまいます。

ローヤルゼリーで美肌つくり

美しく若々しい肌は、女性にとって永遠の憧れです。



「肌の曲がり角は25歳」と言われていましたが、最近の研究では

「肌のピークは19歳」であることが分かってきました。



ここでは、アンチエイジングに欠かせないローヤルゼリーについて紹介していきます。



ローヤルゼリー、王乳とも呼ばれるローヤルゼリーは、

働きバチが女王バチのために自分の体内で作り出す特別な食糧です。その成分は、

三大栄養素(タンパク質・糖分・脂質)のほかにも、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、

40種類を超す栄養素で構成されています。



ローヤルゼリーの美肌効果・アンチエイジング効果は次のようなものです。


・シミ、シワを改善し、肌にハリやツヤを与える
・ホルモンバランスを整え、ストレス改善をサポートする
・肌の免疫力を強め、老化防止の働きをする
・血行を促進し、アンチエイジングをサポートする
・メイクのノリが良くなる


ローヤルゼリーに含まれている豊富な栄養素のなかから、

美肌作りやアンチエイジングに関わりの深い成分を詳しく説明していきましょう。



□アミノ酸
美肌を作るために欠かせないのが「肌のうるおい=水分」です。

保湿因子と呼ばれるNMFはアミノ酸を主成分とし、肌の乾燥を防止・改善したり、肌荒れの解消をサポートします。肌の角質層のアミノ酸が不足すると、カサカサ肌の原因となります。



□ビタミン
ビタミンC、A、Eなどのビタミン類は、美肌作りや維持のためには欠かせない成分です。

シミの元となるメラニン色素の生成を抑えるビタミンC、潤いのある肌をサポートするビタミンA、

ハリのある若々しい肌作りに必要なビタミンEなど、アンチエイジングにも効果があります。

日焼け止めの種類

日焼け止めには、「紫外線拡散」、

「紫外線吸収」が入っているものには2種類あります。




拡散剤が使用されている日焼け止めは、

肌に当たった紫外線を跳ね返す働きがあります。




吸収剤が使用されている日焼け止めは、

紫外線を1度肌の上で受け止めて肌の中に入れないという働きがあります。




SPF40~50くらいのSPF数値が高い日焼け止めには吸収剤入りのものが多く、

光を肌で受け止めることで肌に負担がかかり、赤くなってかぶれたり肌荒れをしてしまうことが多いのです。




拡散剤も吸収剤も、日焼けをしないように紫外線対策をしてくれる役目を果たすことに間違いはありませんが、

一般的には拡散剤入りの日焼け止めるのほうが肌に優しいといわれています。




最近は吸収剤も改良してきて、肌に負担をかけないようにカプセル状になって

入っているものも多くはなってきているようです。




肌が弱い方は、なるべく拡散剤入りの日焼け止めを使用することをおすすめします。

美肌に大いに役立つ成分EGFとは

美肌に大いに役立つ美容成分EGFについて

ご紹介させていただきたいと思います。



EGFは、正式名称Epidermal Growth Factorの略称です。

上皮成長因子を意味する言葉です。



EGFは、タンパク質の一種で、極めて優れたお肌の若返り効果が

期待できる美容成分でもあります。



EGFが配合されている化粧品は、特にアンチエイジングやお肌の若返りに

強い関心のある人々に愛用されています。EGFが配合されている化粧品の最大のメリットは、

お肌への浸透力が大変に優れているという点です。



まるで、砂地に水がしみこむように、お肌の奥深いところまで、

EGFの働きによって、各種美肌有効成分がしみこんでいきます。



各種美肌有効成分がふんだんに配合されている化粧品は、

巷にあまねく存在しますが、お肌に浸透してくれなくては、まったく意味がありません。



その点、EGFは、お肌への浸透力を高めますので、各種美肌有効成分を確実に

お肌に浸透させたいのであれば、EGFが配合されている化粧品をお選びになることがポイントとなってきます。



より高いお肌への浸透力をお望みになる場合は、

より高濃度のEGFが配合された化粧品を使用されるとよいでしょう。



EGFが配合されている化粧品として、圧倒的な人気を誇っているのが、

ビバリーヒルズのスキンケアアイテム、ビーグレンの「10-YBローション」です。



「10年若返る」をコンセプトに、トライアルセットが用意されています。



しかも、全額返金制度が設定されている点も、美肌フリークの間で絶大な支持を得ています。
プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。