スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマの種類別スキンケア方法

・青グマ(血液のよどみによるもの)

目のまわりには、目を動かすために血液が集中しています。
目の周りの皮膚は、顔のほかの皮膚と比べると3分の1程度の薄さしかありません。
睡眠不足、ストレス、疲れなどにより、目の周りの血行が悪くなると、滞った血液が皮膚に透けて、クマになって見えてしまいます。
そのほか、色白の人や冷え性の人にも、多くみられます。

スキンケア方法
軽くマッサージをして、血流をよくするのが一番の解決法です。
目のまわりのツボを押すと、疲れ目や、青グマを解消することができます。
喫煙でも毛細血管は収縮して血流が悪くなるので、喫煙をする方は、タバコを控えましょう。
そのほか冷たいものも、避けたほうがいいでしょう。




・黒グマ(むくみ、たるみからくるもの)

実は、クマで悩んでいる人の多くは、この黒グマです。
皮膚のたるみが原因によって、できます。
年齢がいくにつれて、薄い下まぶたの皮膚は、さらに薄くなってきます。
薄く弱くなった皮膚は、目玉が入っている穴の重さに耐えられなくなり、前に出てきます。
そこに陰ができ、クマとして見えるのです。

スキンケア方法
青グマと同じような手入れが必要となります。
皮膚のたるみが原因ですので、コラーゲンを増やすお手入れをしましょう。
塩分は、控えた方がいいでしょう。




・茶グマ(シミ、くすみによるもの)

目の下に小さいシミがいくつかできて、それらがつながってクマのように見えることもあります。
紫外線、赤外線などのダメージや、乾燥や目をこすりすぎなどによって目元にメラニンが増え、皮膚が黒ずみ、クマになって見えてしまいます。
また目をこするクセのある人や、目のまわりに湿疹ができる人は、角質が厚くなって、それがくすみになり、クマのようになっていきます。

スキンケア方法
茶グマはシミなので、通常のシミと同じお手入れをしていきます。
肌が乾燥している人は、一年中保湿力の高いローションや乳液でお手入れをし、肌が乾燥しないようにします。
ドライアイで、無意識に目をこすってしまう人は、目が乾かないように点眼し、こすらないようにしましょう。
またアイメイクを落とすときは、刺激の少ないものを選び、こすらないように気をつけましょう
スポンサーサイト
プロフィール

きれいになりたい、リオリオだぉ♪

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。