スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しわの悩み対策!

やはり一番の原因は紫外線
どんなしわも根本的な原因は、もちろん「皮膚の老化」。


真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」が加齢により、量が減少したり変性することにより、肌の弾力が失われてきてしまいます。


しかし、最も大きな外的要因は何といっても「紫外線」です。紫外線は、いわゆる「日焼け」を起こすものと思われがちですが、それだけではなく、「光老化」というものを起こすのです。


いつも衣服で覆われている部分とちがい、顔は常に露出しており、「光老化」に侵されやすく、シワも目立ってくるのです。


光老化について詳しく見る

健康な真皮では、コラーゲンがしっかりと集まって束を作り、真皮の支柱役をになっています。また、その間をエラスチンがゴムのバネのように張り巡らされています。


ところが、紫外線にあたるとコラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素が分泌がなされます。そして、皮膚が弾力を失ってたるみ、シワとなるのです。


わずか数分間紫外線を浴びただけで、数時間後には私たちの皮膚のコラーゲンを切断する酵素が作られ始めます。特に、長年紫外線を浴び続けた肌は、コラーゲンが小さく切断された状態になっています。


子供の頃はつぎつぎと新しいコラーゲンやエラスチンを作る能力があるので、新しい線維ができ、しわになりません。


しかし、年齢を重ねた肌は、新しい線維をつくる能力がだんだんとおとろえて、傷ついた線維がのこり、シワとして蓄積されると考えられます。


■小さなしわは乾燥から
もうひとつの大きな原因は、乾燥です。ずっと乾燥にさらされると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間ができてきます。この隙間から、表皮の水分が蒸発していきます。その結果、水分を失った皮膚は薄く硬くなり、小ジワが出来てしまいます。
もっとも、本来、角質層には水分の喪失や外部の有害物質の侵入を妨げるバリア機能があります。そのため、健康な皮膚なら乾燥しません。しかし、20歳を過ぎた頃から、肌は乾燥がちになってきます。これは、角質細胞の保湿力を担うアミノ酸と、角質細胞をつなぐ細胞間脂質が、年齢とともに減少するからです


■その他の原因
そのほかにも、さまざまな原因が考えられます。

●活性酸素
ストレスや喫煙などで活性酸素が発生。肌が酸化することにより、真皮層のコラーゲンが変質して硬くなり、弾力がなくなります。

●角質や真皮層の弾力低下
加齢により、角質層の天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質の量が減ってきたり、真皮層のコラーゲンやエラスチン、その間を埋めるヒアルロン酸などの量が減少して肌の弾力が低下してきます。

●女性ホルモンの減少
女性ホルモンは皮膚の弾力を支える真皮層コラーゲンやエラスチンや角質層のヒアルロン酸の生成にかかわってきます。女性ホルモンは20代から30代前半をピークに減少し始めます。

●顔の筋肉の緊張
顔をしかめたり笑ったり。これらは次第に眉間や目じり、額などに「表情じわ」となっていきます。


シワの有効対策!


■まずは、しわができないようにしっかり予防。
以上のような原因から、しわを食い止めるには、万全な紫外線対策と乾燥対策が必要となってきます。
まずはサンスクリーン剤と保湿効果の高いスキンケアでのケア。
紫外線から肌を守るためにはUVA、UVBが十分にカットできるサンスクリーン剤を、角質層のバリア機能を高めるためにも保湿剤を使うことが大切です。
また、活性酸素を発生を防ぐため、酸化防止成分が入ったスキンケア用品を使ったり、ストレスをためない規則正しい生活を心がけることも大切です。


■では、出来てしまったしわには?
もちろん、それ以上の進行がないように、日々のスキンケアで乾燥対策、紫外線対策を行うことが必要です。
また、最近では、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの再生を促すスキンケア商品も市販されていますので、そのような成分でのスキンケアも行っていきましょう。


また、化粧品で治らない深いしわについては、皮膚科などの医療機関で、外用薬やボトックス注射、ヒアルロン酸の注入などのメスを使わない治療や形成外科による外科的手術での治療となります。
スポンサーサイト

しわの予防対策・改善策

「しわ」を作りにくくするための予防や、出来てしまってからの対策・改善策
としては先に述べた原因の影響を解消してあげる必要がありますので、
それぞれに対応する毎日のケアが欠かせません。


肌のハリや弾力を保つ【コラーゲン】や【エラスチン】などの成分は、
加齢に伴い少なくなりますので、それらの成分を含む食べ物や
サプリメントなどから摂取して、積極的に補給してあげる必要があります。


毎日のスキンケアやお手入れしわを引き起こす大きな外的要因として挙げられる
【紫外線】対策としては、外出時などには必ず紫外線をカットする
日焼け止めクリームなどを塗るなど、最低限のお手入れは必須であると
心掛けておきましょう。また、毎日のスキンケアやお手入れの際以外にも、
出来るかぎりお肌の乾燥は避けるべきで、
十分な保湿をしてあげる必要があります。


本格的な「しわ」の治療方法また本格的な「しわ」の治療方法として、
整形外科や専門のクリニックなどでは、
【ヒアルロン酸】や【ヒューマン・コラーゲン】などといった成分を
シワの気になる部分へ注入することで改善したり、

おでこや眉間などにできる【表情じわ】と呼ばれる種類のシワに対して、
筋肉を弛緩させる作用を利用して解消する【ボトックス注射】が効果的とされており、
実際に多くの人が治療を受けている実情があります。

目のしわ改善方法

歳とともに、目の下のしわは気になるものです。



若い頃はあまり気にしていなくても、目の下にしわがあるの無いのでは、顔の印象が全く違います。
私は30代前半の女性ですが、ここ数年、目の下の手入れをするようになりました。

目のシワ


20代の頃は、目の下のしわなどは、全く気にしなかったのですが、

最近は、やはり、気になりだしました。



目の周りの皮膚は、卵の薄皮と同じくらい薄いとも言われるくらい薄い部分です。

そして、目の周りの皮膚は、目が動くたびに、瞬きをするたびに動くので、顔の中、もしかしたら、

体の中で、一番駆使されている部分であるかもしれません。それと同時に、一番、人目につく部分でもあるのです。



どんなにアイメークをばっちりして、化粧をばっちりしても、目の下のしわがあったら、なんか老けてみえるものです。



私も、そういう女性を何人か見てきました。

若い女性でも、結構、目の下にしわがある女性がいるんです。

そしたら、なんか、ばっちりした化粧も、くすんで見えるものです。

目の下のしわは、目の下のくすみにもつながります。



なので、目の下はちゃんと気をつけて手入れしましょう。



目の下をしかり手入れして、目の下のしわをなくすと、あなたの印象がまったく違いますよ。



肌も美しく見えますし、若若しく見えます。



では、目の下のしわの対策、改善方法についてです。

目の下のしわの対策、改善方法は様々ですが、まずは自分にあった方法を見つけるのが大事です。

そのために、自分の目の下のしわがどのようなものであるか、を見極める必要があります。



まず、目の下のしわが軽いものであるか、強いものであるか、というところが重要になります。



目の下のしわが軽いものであれば、自分でできるスキンケアである程度の対策、改善は可能です。

しかし、もしもしわが深く強くなっている場合は、美容整形などで施術を受けるという方法もあります。


でも、ある程度、自分で手入れすると、目の下のしわは改善するので、まずは、自分で手入れしてみましょう。



自分でできる目の下のしわの対策、改善としては、肌を乾燥から守るというのが最も重要です。

しわの原因は乾燥が大きく関連している場合が多いので、乾燥対策は、目の下のしわだけでなく、

顔全体のしわ対策のもとても大切な事です。。目元を乾燥から守るクリームや、

具体的に言うと水分バランスを取り戻し維持するワイルドバージンエキスという成分を含んだ化粧水関連商品等もたくさんあります。最近は、ドラックストアや、化粧品売り場に行くと、目の下専用の美容液を良くみかけます。



色々試してみて、自分の肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。


化粧水やクリームなどの目の下のしわ対策グッズをうまく利用して、目の下のしわの改善、

対策をすると良いでしょう。最近では、レーザー光線で皮下のコラーゲンを増やし、

肌の張りを取り戻す方法もありますが、自分で出来るのは目元への保湿です。



美容液をたっぷりと含んだ薄くフィットしやすい大きめのシートやコットンを5~10分間目の下にのせていると、

肌にさらに密着し美容液が吸収されていきます。



ふっくらとしてしわも目だたなくなるので、とてもおすすめです。



目の周りは顔のほかの部分に比べて皮膚が薄いため衰えやすく、年齢とともにシワやたるみができやすい部分です。特に目の下の部分は、細かいシワや目袋といわれる袋状のたるみになりやすく、ふけたイメージに見られがちです。中国の人は、特に、この目の下の目袋を老化の現象としてとらえているようです。



さあ、今日から目の下のしわの対策をしっかり行って、美しい目元を目指しましょう。



なにも高い化粧品を使う必要はありません。



もし、予算があるならば、高い化粧品を使うにこした事はありませんが、毎日手入れをするだけでも随分とちがいます。



なので、続けられる範囲で、目の下のしわを丁寧に手入れをしていくと、だんだんしわも改善されていくでしょう。



あと、紫外線は、乾燥を招きますし、お肌の大敵です。白内障の原因にもなります。



外出する時は、日焼け止めをしっかりつけて、メガネや、サングラスをかけて目を保護するようにしましょう。目の保護は、目の周りの肌の保護にもなしますよ!



とにかき、美容は、日々の小さなケアの積み重ねが大切です!

プロフィール

Author:きれいになりたい、リオリオだぉ♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。